5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆名作ショートショートをAA化しよう☆第十四幕

1 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/15 18:24 ID:HlYb/0cb
日 立 ノ    ,
生 木ノT  ̄ ̄
  ∧_∧ ____
 ( ´∀` ) || SS .|
 (    つ|   |
 | | | || Hosi|
 (__)_)  ̄ ̄
      |\
/ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 名作ショートショートをAA化しよう
\______________

前スレ:
☆名作ショートショートをAA化しよう☆第十三幕
http://aa3.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1079613241/

2 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/15 18:24 ID:HlYb/0cb
【 過去ログ 】
名作ショートショートをAA化しよう
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1013998568/
☆名作ショートショートをAA化しよう☆第弐幕
http://aa.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1025145385/
☆名作ショートショートをAA化しよう☆第参幕
http://aa.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1034865311/
☆名作ショートショートをAA化しよう☆第四幕
http://aa.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1043238797/
☆名作ショートショートをAA化しよう☆第五幕
http://aa.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1051346346/
☆名作ショートショートをAA化しよう☆第六幕
http://aa.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1055918423/
☆名作ショートショートをAA化しよう☆第七幕
http://aa.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1058963895/
☆名作ショートショートをAA化しよう☆第八幕
http://aa.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1063366069/
☆名作ショートショートをAA化しよう☆第九幕
http://aa.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1068214326/
☆名作ショートショートをAA化しよう☆第十幕
http://aa3.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1072770040/
☆名作ショートショートをAA化しよう☆第十一幕
http://aa3.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1077367358/
☆名作ショートショートをAA化しよう☆第十二幕
http://aa3.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1079103004/
☆名作ショートショートをAA化しよう☆第十三幕
http://aa3.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1079613241/

保管庫(モララーのビデオ棚)
ttp://sunset.freespace.jp/aavideo/shortshort/

3 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/15 18:29 ID:mx/0nycp
>>1乙ッスぅ

4 :ラフメイカー ◆DsN8Mona1s :04/04/15 18:41 ID:lCVy0Ys4
>>1


5 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/15 18:45 ID:q5CqlbpX


6 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/15 18:55 ID:UJP4csCH


7 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/15 19:11 ID:HPLP7EEs
カレー

8 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/15 19:11 ID:pXSJTLxt
乙です

9 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/15 19:36 ID:RtjdZK11
乙津彼ー

10 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/15 19:43 ID:HZ3LsjY1
乙華麗

11 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/15 21:22 ID:17lvcOgU
前スレ1000到達オメデトー(めでたいのか?)

12 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/15 21:30 ID:CPg90FIX
前スレラストの超短編ラッシュは素晴らしかったですね!
スレ立て乙!

13 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/15 21:41 ID:TyX1qNuT
乙彼ー

14 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/15 21:42 ID:SX72Vncn
乙かれ

15 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/15 21:44 ID:SX72Vncn
前スレの最後の作品って文字だけでよくコピペされてたね
元ネタは誰か知らない?

16 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/15 22:01 ID:q5CqlbpX
アメリカンジョークのガイドライン
http://that2.2ch.net/test/read.cgi/gline/1073608501/l50
この辺に聞けば分かるかも。

17 :激怒大爆裂 ◆Mk0w61VOr2 :04/04/15 22:24 ID:2jolgh1h
                 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                 
                          「発明後のパターン」
                 
                   原作:筒井康隆(「バブリング創世記」より)
                 
                 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

18 :激怒大爆裂 ◆Mk0w61VOr2 :04/04/15 22:24 ID:2jolgh1h
1/13

=ハリボガド博士の研究室=
   ._________________
  _|000○○○O000|
  |_________|
  |||          |
  |||          |
  |||          |                   おお 万歳!長年研究の
  |||     ∧∧ |                   甲斐あって ついに       _
  |||    (#゚ p。)|      ▲△□○☆       ロチャニをベラルゴしたぞ!  | |  ____
  |||     (/)~~(` .|      ■□◇≪▼△     ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  | |  || ̄ ̄ ̄|| |
  |||   〜(,;  l  |     □■≒□△▼       ∧_∧ 〜♪       | 目 | |_||___|| |
  |||      . U゙ヾ) |.      ◇○≧≦●□△     ((´∀` ,,/゙) └───┘ ○ |_|□□||目∞|| |
  |||          |  | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  ヽ,V  7 . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|../∴¨ ∞.ヽ /| |
  |||          |   ̄| ̄|  | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|  | ̄    ヽ_(⌒ノ).:     ⊂⊃ :|..| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|。 .| |
  { ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}..  |  |  |        |  |  |        l_,,ノ..______|..|_____|___|_|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                                                       
※台の上に乗っているのがベラルゴしたロチャニらしい

19 :激怒大爆裂 ◆Mk0w61VOr2 :04/04/15 22:25 ID:2jolgh1h
2/13
   ._________________
  _|000○○○O000|
  |_________|
  |||          |
  |||          |
  |||          |                  これで 世界中のボリスカロを
  |||     ∧∧ |                   スペサトレしることができる   ._
  |||    (#゚ p。)|      ▲△□○☆    やっぱり私は大天才だ!.    .|  ____
  |||     (/)~~(` .|      ■□◇≪▼△   ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  │  || ̄ ̄ ̄|| |
  |||   〜(,;  l  |     □■≒□△▼  .       ∧_∧..||      | 目 | |_||___|| |
  |||      . U゙ヾ) |.      ◇○≧≦●□△      (´∀` ,,) └───┘ ○ |_|□□||目∞|| |
  |||          |  | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| と[ Vと[ ) . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  /∴¨ ∞.ヽ /| |
  |||          |   ̄| ̄|  | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|  | ̄   |__|:____|       ⊂⊃ :|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|。 .| |
  { ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}..  |  |  |        |  |  | .  (_(_,,).._____|  |_____|___|_|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  

20 :激怒大爆裂 ◆Mk0w61VOr2 :04/04/15 22:26 ID:2jolgh1h
3/13
  ._________________
  _|000○○○O000|
  |_________|
  |||          |
  |||          |
  |||          |                                       そうか ついにロチャニを
  |||     ∧∧ |                              _______ベラルゴしたな
  |||    (#゚ p。)|      ▲△□○☆.                |┌───┐ … | この時を待っていたのだ
  |||     (/)~~(` .|      ■□◇≪▼△  .            |│      | 目 |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄
  |||   〜(,;  l  |     □■≒□△▼  .       ∧_∧..||      | 目 | |_||__ ∧_∧
  |||      . U゙ヾ) |.      ◇○≧≦●□△      (,, ´Д`)Σ ───┘ ○ |_|□□||目(・∀・ ,,)
  |||          |  | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| と[ Vと[ ) . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|../∴¨ ∞ と   ┌U┐
  |||          |   ̄| ̄|  | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|  | ̄   |__|:____|       ⊂⊃ :|..| ̄ ̄ ̄ ̄  |〔│〕二二〕
  { ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}..  |  |  |        |  |  | .  (_(_,,).._____|..| .      (__(_,,)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            ______∧_____
                            あっ!おまえはクロドレズ!

21 :激怒大爆裂 ◆Mk0w61VOr2 :04/04/15 22:26 ID:2jolgh1h
4/13
   ._________________
  _|000○○○O000|
  |_________|
  |||          |
  |||          |                                 すぐにベラルゴしたロチャニを
  |||          |                                 こちらへ エドドジロビソるのだ
  |||     ∧∧ |                              ____ さもないと このポルヘリドを
  |||    (#゚ p。)|      ▲△□○☆.                |┌──  ピタロレるぞ
  |||     (/)~~(` .|      ■□◇≪▼△  .            |│       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄
  |||   〜(,;  l  |     □■≒□△▼  .       ∧_∧..||      | 目 | |  ||__ ∧_∧
  |||      . U゙ヾ) |.      ◇○≧≦●□△      (; ´Д`).└───┘ ○ |_|▼ サッ!(・∀ ‐,,)
  |||          |  | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  ( Vと[ )  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| . □■◇▲と   ┌U┐
  |||          |   ̄| ̄|  | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|  | ̄   |__|:____|       ⊂⊃ :|.. ★ ○  ミ |〔│〕二二〕
  { ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}..  |  |  |        |  |  | .  (_(_,,).._____|..| .      (__(_,,)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
※右手に持っているのがポルヘリドらしい

22 :激怒大爆裂 ◆Mk0w61VOr2 :04/04/15 22:27 ID:2jolgh1h
5/13
   ._________________
  _|000○○○O000|
  |_________|
  |||          |
  |||          |
  |||          |                   や やめてくれ
  |||     ∧∧ |                  ピタロレるな       ___
  |||    (#゚ p。)|      ▲△□○☆   それだけはやめてくれ. ─┐ ではエドドジロビソるか?
  |||     (/)~~(` .|      ■□◇≪▼△  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄   .|    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄
  |||   〜(,;  l  |     □■≒□△▼  .       ∧_∧..||      | 目 | |  ||__ ∧_∧
  |||      . U゙ヾ) |.      ◇○≧≦●□△      (; ´Д`).└───┘ ○ |_|▼□||目(・∀・ ,,)
  |||          |  | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  ( ]つ ,,).. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.  □■◇▲と   ┌U┐
  |||          |   ̄| ̄|  | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|  | ̄   |__|:____|.     ⊂⊃ :|.. ★ ○    |〔│〕二二〕
  { ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}..  |  |  |        |  |  | .  (_(_,,).._____|..| .      (__(_,,)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

23 :激怒大爆裂 ◆Mk0w61VOr2 :04/04/15 22:27 ID:2jolgh1h
6/13
   ._________________
  _|000○○○O000|
  |_________|
  |||          |
  |||          |
  |||          |                   エドドジロビソらなくはない しかしクロドレズ
  |||     ∧∧ |                  おまえは このベラルゴしたロチャニが
  |||    (#゚ p。)|      ▲△□○☆   どれほどベテデビするか 知ってるのか?
  |||     (/)~~(` .|      ■□◇≪▼△  ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |||   〜(,;  l  |     □■≒□△▼  .       ∧_∧..||      | 目 | |  ||__ ∧_∧
  |||      . U゙ヾ) |.      ◇○≧≦●□△      (; ´Д`).└───┘ ○ |_|▼□||冫(・∀・ ,,)
  |||          |  | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| と[ V  ,,).  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  □■◇▲と   ┌U┐
  |||          |   ̄| ̄|  | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|  | ̄   |__|:____|       ⊂⊃ :| .★ ○    |〔│〕二二〕
  { ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}..  |  |  |        |  |  | .  (_(_,,).._____|..| .      (__(_,,)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

24 :激怒大爆裂 ◆Mk0w61VOr2 :04/04/15 22:28 ID:2jolgh1h
7/13
   ._________________
  _|000○○○O000|
  |_________|
  |||          |
  |||          |
  |||          |                   もし これがベテデビすれば
  |||     ∧∧ |                  ジョジラフトるのだぞ?      ベテデビてジョジラフトれば
  |||    (#゚ p。)|      ▲△□○☆   どうするつもりだ?          グリドバグマればいいのさ
  |||     (/)~~(` .|      ■□◇≪▼△  ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄
  |||   〜(,;  l  |     □■≒□△▼  .       ∧_∧..||      | 目 | |  ||__ ∧_∧
  |||      . U゙ヾ) |.      ◇○≧≦●□△      (; ´Д`).└───┘ ○ |_|▼□||目(・∀・ ,,)
  |||          |  | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| と[ Vと[ ) . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| . □■◇▲と   ┌U┐
  |||          |   ̄| ̄|  | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|  | ̄   |__|:____|       ⊂⊃ :|.. ★ ○    |〔│〕二二〕
  { ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}..  |  |  |        |  |  | .  (_(_,,).._____|..| .      (__(_,,)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

25 :激怒大爆裂 ◆Mk0w61VOr2 :04/04/15 22:29 ID:2jolgh1h
8/13
   ._________________
  _|000○○○O000|
  |_________|
  |||          |
  |||          |                                        さあ 早くエドドジロビソれ!
  |||          |                                        さもないとピタロレるぞ
  |||     ∧∧ |                             _____ ピタロレるとキャグニいぞ?
  |||    (#゚ p。)|      ▲△□○☆.                |┌───┐ それでもいいのか?
  |||     (/)~~(` .|      ■□◇≪▼△  .            |│      |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄
  |||   〜(,;  l  |     □■≒□△▼  .      ∧_∧ ..||      | 目 | |    ||_ .∧_∧オラオラ
  |||      . U゙ヾ) |.      ◇○≧≦●□△     (; ´Д`)  |└───┘ ○ | ▼ □||(・Д・ #)
  |||          |  | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ( ]つV  ]つ   ̄ ̄ ̄ ̄|. □■◇▲と   ┌U┐
  |||          |   ̄| ̄|  | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|  | ̄  |____|:___|       ⊂⊃ :|..★ ○    |〔│〕二二〕
  { ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}..  |  |  |        |  |  |   (,,_)_).._____|..| .      (__(_,,)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                 __∧___________
                                  いやだ キャグニいのは困る
                                  しかたがない…エドドジロビソろう


26 :激怒大爆裂 ◆Mk0w61VOr2 :04/04/15 22:29 ID:2jolgh1h
9/13
                 ┌────────────────────┐
                 │  ハリボガド博士がベラルゴしたロチャニを.  ..│
                 │  クロドレズにエドドジロビソっています      |
                 │  少々お待ち下さい                    │
                 │                                  │
                 │         ((△                     │
                 │         ((▼□■△))             │
                 │         ((○○●●))             │
                 │               □))               │
                 │                                  │
                 │その間 ヨモケラがホロカナカハカします.     │
                 │ホロカナカハカするだけですので問題ありません |
                 └────────────────────┘

27 :激怒大爆裂 ◆Mk0w61VOr2 :04/04/15 22:30 ID:2jolgh1h
10/13
   ._________________
  _|000○○○O000|
  |_________|
  |||          |
  |||          |
  |||          |
  |||     ∧∧ |                             ___ 確かに ベラルゴしたロチャニを
  |||    (#゚ p。)|                                |┌── エドドジロビソったぞ さらばだ
  |||     (/)~~(` .|                 .            |│      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄
  |||   〜(,;  l  |                .       ∧_∧..||      | 目 | |_||__ ∧_∧
  |||      . U゙ヾ) |.                      (; ´Д`) └───┘ ○ |_|□□||目(・∀・ ,,)
  |||          |  | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| . (,,  V ) . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|../∴¨ ∞ と   ┌U┐
  |||          |   ̄| ̄|  | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|  | ̄   |____|:___|       ⊂⊃ :|..| ̄ ̄ ̄ ̄  |〔│〕二二〕
  { ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}..  |  |  |        |  |  |    (,,_)_).._____|..| .      (__(_,,)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

28 :激怒大爆裂 ◆Mk0w61VOr2 :04/04/15 22:31 ID:2jolgh1h
11/13
   ._________________
  _|000○○○O000|
  |_________|
  |||          |
  |||          |
  |||          |
  |||     ∧∧ |                              ________ 
  |||    (#゚ p。)|                                   |┌───┐ … | |  _____ 
  |||     (/)~~(` .|                             |│       | 目 | |  || ̄ ̄ ̄|| |
  |||   〜(,;  l  |                .       ∧_∧.フッフッフ…. | 目 | |_||___|| |
  |||      . U゙ヾ) |.                      (,,  ∀ )└───┘ ○ |_|□□||目∞|| |
  |||          |  | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| . (,,  V ) .  ̄ ̄ ̄ ̄|   /∴¨ ∞.ヽ /| |
  |||          |   ̄| ̄|  | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|  | ̄   |____|:___|      ⊂⊃ :|..| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | . | |
  { ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}..  |  |  |        |  |  |    (,,_)_).. ____|..|_____ |__,|_|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


29 :激怒大爆裂 ◆Mk0w61VOr2 :04/04/15 22:32 ID:2jolgh1h
12/13
   ._________________
  _|000○○○O000|
  |_________|
  |||          |
  |||          |
  |||          |
  |||     ∧∧ |                    馬鹿な奴だ あのベラルゴしたロチャニは
  |||    (#゚ p。)|                     単にベテデビするだけではないのだ     .___ 
  |||     (/)~~(` .|                 ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄|| |
  |||   〜(,;  l  |                .       ∧_∧.||       | 目 | |_||___|| |
  |||      . U゙ヾ) |.                      (,,  ∀ )└───┘ ○ |_|□□||目∞|| |
  |||          |  | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| . (,,  V ) .  ̄ ̄ ̄ ̄|   /∴¨ ∞.ヽ /| |
  |||          |   ̄| ̄|  | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|  | ̄   |____|:___|      ⊂⊃ :|..| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | . | |
  { ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}..  |  |  |        |  |  |    (,,_)_).. ____|..|_____ |__,|_|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

30 :激怒大爆裂 ◆Mk0w61VOr2 :04/04/15 22:32 ID:2jolgh1h
13/13
   ._________________
  _|000○○○O000|                    ジョジラフトった反応で 世界中の
  |_________|                ボリスカロは ちっともスペサトレしないで
  |||          |                  それどころか いくらでもボリスカロるのだ
  |||          |
  |||          |                  そうなると クロドレズはロレバコるのだ
  |||     ∧∧ |                 ロレバコり ロレバコり そしてついには
  |||    (#゚ p。)|                 ジンティアニって……               _
  |||     (/)~~(` .|                 ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  || |
  |||   〜(,;  l  |                .       ∧_∧.フッフッフ…. | 目 | |_||___|| |
  |||      . U゙ヾ) |.                      (,,  ∀ )└───┘ ○ |_|□□||目∞|| |
  |||          |  | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| . (,,  V ) .  ̄ ̄ ̄ ̄|   /∴¨ ∞.ヽ /| |
  |||          |   ̄| ̄|  | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|  | ̄   |____|:___|      ⊂⊃ :|..| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | . | |
  { ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}..  |  |  |        |  |  |    (,,_)_).. ____|..|_____ |__,|_|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                                         ‐END‐

31 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/15 22:37 ID:ltOFtOpq

でも正直よくわからなかった

32 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/15 22:39 ID:cqxyfg+V
まず乙!
で・・・いづれ誰かがつっこむだろうから・・・これ、ガイシュツでつ(つД`)
でもめげずにがんがって!

33 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/15 22:41 ID:q5CqlbpX
よく分からないところがポイント。
SFで何か発明したときたいていこんな流れになるねという話。
とりあえず>>26ワラタ乙

34 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/15 22:56 ID:2AgXEoUF
既出だけど前の奴より(・∀・)イイ!

35 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/15 22:58 ID:Zw16X17H
>>33
ああ・・そうだったのか。
前のを見ても分からなかった

36 :激怒大爆裂 ◆Mk0w61VOr2 :04/04/15 23:19 ID:2jolgh1h
ええっ?と思って「ビデオ棚」をもう一度見返してみたら…
あちゃ〜…ホントにしっかり既出でしたね…しかも役者まで同じとは。何で見落としたんだろう…

37 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/15 23:22 ID:y9nJuDYh
ガイシュツでもAAがよければ(゚3゚)キニシナイ!

38 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/15 23:47 ID:MRIEozGV
細部の表現が違ってまた趣があった。

39 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/15 23:53 ID:2jXJTUjL
前のやつよりAAが凝ってるけど、その分セリフ周りは前のほうが良かった感じ。
ともかくGJでした!

40 :ハズカシクラブ ◆eLHzX/CLbU :04/04/16 00:54 ID:YJxIkZ1t
前スレ>>990より
            ゲゲェー――!!
              何故バレた!!?
ウホッ! 参ったか!
   ∧_∧      ∧_∧
  ( *・∀・)  Σ(´∀` ;)
  (    )    ( つ つ
  | | |    / /> >
  (__)_)  (_) (_)

41 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/16 00:58 ID:BI5UGhoZ
ボリスカロが名詞なのか動詞なのかはっきりしないが・・・ま、ええか

42 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/16 09:49 ID:PdkW23OE
        ∧         ∧
         / ヽ        ./ .ヽ   
      /   `、     /   `、  
     /       ̄ ̄ ̄     、
     l:::::::::              .l 
    |::::::::::  -=・=-    -=・=-  | わかったぞ、>>1はホモだな。
    .|:::::::::::::::::   \___/    | 
     ヽ:::::::::::::::::::  \/     ノ

43 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/16 12:09 ID:0wvZZUWO
あれはAAもよかったなぁ。改めて言うよ。GJ!

44 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/16 16:57 ID:yo5DA2Ol
>>40
ありきたりだが、ワロタ

45 :星新一の年賀状 「午後の恐竜」解説より:04/04/16 21:07 ID:Juxjs2lI
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
|      今年もまたご一緒に           |
|    九億四千万キロメートルの         |
|     宇宙旅行をいたしましょう。      .|
|     これは地球が太陽の周りを       ..|
|       一周する距離です。         |
|   速度は秒速二十九・七キロメートル。  .|
|     マッハ九十三。安全です。       .|
|   他の乗客がごたごたを起こさないよう  |
|         祈りましょう。           |
|                    星 新一  .|
|       ╋┓┏┓━┳━           |
|       ┃┃┗┛  ┃            |
|        ┏━┓   ┃            |
|        ┣━┫┃ ┣━           ..|
|        ┣━┫┃ ┃            .|
|        ┗━┛┃ ┃             |
|         ┛┗ ┻━━━          |
|___________________|


46 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/16 21:57 ID:zVCaC12s
↑ナイス!!

47 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/16 22:27 ID:DrV8fw/5
やっぱ星新一さんはスゲーな

48 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/16 22:51 ID:bZCfQ2OL
星さんの逸話は筒井康隆が良く書いてる。

49 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/16 23:34 ID:CYNj0vjw
クロドレズってモララーの名前っぽいんだが。
名詞だよな?そう考えると26がなんか変に見える

50 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/16 23:46 ID:9I5F/wk6
>45
凄いセンスだよなぁ。

51 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 00:34 ID:2fmHgTLb
>>49
クロドレズにエドドジロビソっています=田中に植え付けてます
みたいな感じだと解釈すれば万事OK

52 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 03:04 ID:LGjoH6Zw
>>45
おれ来年はこれで年賀状出すわ。

53 :ハンスワン別府温泉:04/04/17 11:25 ID:l/4HV2vv
なんか前スレで「3作品書く」と言いいましたが前スレで、時間の関係で3作品中
2作しか貼れませんでした(泣)
なので、「なんだまた貼るのかよウゼ」という方もおっしゃるのかと思いますが、
最後の3作目といっしょに前の2作もまた貼りたいとおもいます。
失敗をやり直すと言う形でご了承下さい(泣詫


54 :終点:04/04/17 11:26 ID:l/4HV2vv



                          ┌──┐、
                          │2ch.│.ヽ、
                     _ -──┴──┴─┴─ヽ
                   /                 \
                  /  ∧_∧             |\
              .―./   (´∀` )            ..|. .ソ. ̄\
          __( - ―   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―.  ..レ  r―┘
    _――                  _ ―――  _  ヽV.. \.\
  /―.. /               - 二. ―┬  ̄)  /. ヽ  |   e.. ヽ
 / //O| -―  ̄ [H]  ̄ ̄  ―./ 三:=:○|  ./  |   :|..sz|.   .|. ヘ|
.├┴___ノ   ______     ( (___  -┴― ―┤   .|.  |.   .|:..|ヘ:|
|   ___.|.       |.___            .:|    :|. |.   :| |:.|.|
.|   |V___|. 2ch-SS  | ___|            :|    :| :|  ._|__|: |.|
.|_┌┐.| V_└.────.┘.___|:  -―┬―┐____.|.    |―  ̄____|V:|
| ヘ目..丶_\_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄__ノ. ...___ノ_三_ノ┘  ::|   .:|_ ―ヽ.____ノ
|._______..  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     _________|   :|
    ゝ__.ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         ゝ___ノ


         私はタクシーの運転手である

55 :終点:04/04/17 11:26 ID:l/4HV2vv


        __
       _|2ch|
      /∧∧ ̄ヽ
テヌキモナー/(´∀`) ..ヽ
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
     ̄■ ̄ ̄ ̄■ ̄
     .. ̄    . ̄  ブロロロロ


私はその日いつも通り仕事をしていた

56 :終点:04/04/17 11:27 ID:l/4HV2vv
iilililil iliiiiiililil ili lilililiiiiiilililiilililililiiiiiilililiilililililiiiiiilililiilililil liiiiiilili
iilililililiiiiiilililiililililil iii iiilili liilililiiii iilililザァァァァァァliliilililililiiiiiililili
i ililililili iiiii lilili ilililililiiiiiilililiilililililiiiiiililil iilililililiiiiiilililiilililililiiiiiil
iilililili liiiiiiliザァァァァァii iiilili liilililililiiiiiilililiilililililiiiiiilililiilililililiiiii
iilililil ilii iiiilililiilililililiiiiiili liliili lilililiiiiiilililiilililililiiiii ilililiilililililiii ii
iililililil iiiiiilili liilil|2ch|iilililililiiiiiilililiil ilililザァァァァァァliiiiiilililiililil
iilililililiiiiiilili /∧∧ ̄ヽiilililililiiiiii lilノ:ヘ:ヽiilililililiiiiiilililiililililili
iilililili liiiiiili/( ´∀`) ..ヽiilililililiiiiiil:⌒:):ノiilililililiiiii ilililiilili
i ilililililiii/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\iilililililii iii`i:`:^:ノiilililililiiiiiililili ililil
iilililililiii| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|iilililililiii iii::::::::iiilililililiiiiiilililiilililililiii
iilililil iliii ̄■ ̄ ̄ ̄■ ̄iili lilililiiiiiilノ:::::::,:ヽ、iilililililiiiiii lili
     .. ̄    . ̄          ̄

  その日は土砂降りで、
       何か不思議な感じがある客を乗せることになった

57 :終点:04/04/17 11:28 ID:l/4HV2vv


              /iヽ,
              /人::i
             i(;;;;;;)l
             ヽ::::::ノ
            /:::::|p:::υ:::ヽ、
            i:::υ::|p:::::υ::::ヽ
            l::::|:::|p:::υ::::|::::l
            しl::::|p::υ:::::|J
             |;;;;|p;;;;;;;;;|
             l:::::::i::::::::i

  全身黒いレインコート…

    ビッショリ濡れているので、乗せるのをためらったが、

       そんなことで躊躇していてはこの仕事はやっていけない

58 :終点:04/04/17 11:28 ID:l/4HV2vv
iilililil iliiiiiililil ili lilililiiiiiilililiilililililiiiiiilililiilililililiiiiiilililiilililil liiiiiilili
iilililililiiiiiilililiililililil iii iiilili liilililiiii iilililザァァァァァァliliilililililiiiiiililili
i ililililili iiiii lilili ilililililiiiiiilililiilililililiiiiiililil iilililililiiiiiilililiilililililiiiiiil
iilililili liiiiiiliザァァァァァii iiilili liilililililiiiiiilililiilililililiiiiiilililiilililililiiiii
iilililil ilii iiiilililiilililililiiiiiili liliili lilililiiiiiilililiilililililiiiii ilililiilililililiii ii
iililililil iiiiiilili liilil|2ch|iilililililiiiiiilililiil ilililザァァァァァァliiiiiilililiililil
iilililililiiiiiilili /∧∧ ̄ヽiilililililiiiiii lilililililiiliililililiiiiiilililiililililili
iilililili liiiiiili/(´∀`) .ヽiilililililiiiiilililililiiiii ilililiilili iliiliiliiliili
i ilililililiii/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\iilililililii iiiililililiiiiiiliiliiililililiili ilililili
iilililililiii| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|iilililililiii iiilililililiiiiiilililiilililililiiiiliili
iilililil iliii ̄■ ̄ ̄ ̄■ ̄iili lilililiiiiiiliilililililiiiiii liliiliiliiliiliiliili
     .. ̄    . ̄

  お客さんを後部座席に乗せ、行き先を尋ねると、

     場所は知っているが、地形が複雑で行きづらい所…

59 :終点:04/04/17 11:29 ID:l/4HV2vv
iilililil iliiiiiililil ili lilililiiiiiilililiilililililiiiiiilililiilililililiiiiiilililiilililil liiiiiilili
iilililililiiiiiilililiililililil iii iiilili liilililiiii iilililザァァァァァァliliilililililiiiiiililili
i ililililili iiiii lilili ilililililiiiiiilililiilililililiiiiiililil iilililililiiiiiilililiilililililiiiiiil
iilililili liiiiiiliザァァァァァii iiilili liilililililiiiiiilililiilililililiiiiiilililiilililililiiiii
iilililil ilii iiiilililiilililililiiiiiili liliili lilililiiiiiilililiilililililiiiii ilililiilililililiii ii
iililililil iiiiiilili liilil|2ch|iilililililiiiiiilililiil ilililザァァァァァァliiiiiilililiililil
iilililililiiiiiilili /∧∧ ̄ヽiilililililiiiiii lilililililiiliililililiiiiiilililiililililili
iilililili liiiiiili/(´∀`;) .ヽiilililililiiiiilililililiiiii ilililiilili iliiliiliiliili
i ilililililiii/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\iilililililii iiiililililiiiiiiliiliiililililiili ilililili
iilililililiii| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|iilililililiii iiilililililiiiiiilililiilililililiiiiliili
iilililil iliii ̄■ ̄ ̄ ̄■ ̄iili lilililiiiiiiliilililililiiiiii liliiliiliiliiliiliili
     .. ̄    . ̄   ブロロロロロ

  不安なまま、私はその行き先へ向かった

60 :終点:04/04/17 11:29 ID:l/4HV2vv
     \    \         /   /
       \    \      /   /
        \    \   /   /
          \    \/   /
           \       /
             \    /
             |   |     _________________
             | 回 | oO○/  予感的中モナ              \
             |   |   .|  どっちに進めばいいか分からないモナ |
             |   |    \                       _/
             |   |      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             |   |
             |   |
             |   |
             |   |

61 :終点:04/04/17 11:30 ID:l/4HV2vv
                 |\|\
               | | .\
              | |  ..\     (_
             ,,,,,|丿   ..\    て      _____
          ,,.''"´        `:、   (     /       \
        /′           .`:、  `て  /    │     ヽ
          /   \           ミ      /   ─┼─    \
       |         υ       ヽ     |     ノ       i、
       ..i──/             .|     |   /┌─┐    >
       `、/        υ   ..  i      |      │  │    |
          :             ノ       i、    └─┘   丿
         ,:'            `:、        ヽ、_______ノ
        `:、             `:、
         ;               `:、

62 :終点:04/04/17 11:31 ID:l/4HV2vv


  そして男は分かれ道がくるたびに右か左かを言った

    ._
   (右)   ._
    ∨   (左)  ._
    ._    ∨  (左)
   (右)._      ∨._
    ∨(左)   ._  (右)
      ∨   (左)  ∨
         ._ ∨
        (右)
         ∨

63 :終点:04/04/17 11:32 ID:l/4HV2vv

      そして…

                |\|\
               | | .\
              | |  ..\
             ,,,,,|丿   ..\            _____
          ,,.''"´        `:、         /       \
        /′           .`:、      /    │     ヽ
          /   \           ミ      /   ─┼─    \
       |                ヽ      |     ノ       i、
       ..i──/             .|     |   /┌─┐    >
       `、/              i      |    .│  │    |
          :             ノ       i、    └─┘   丿
         ,:'            `:、        ヽ、_______ノ
        `:、             `:、
         ;               `:、

64 :終点:04/04/17 11:38 ID:QxlN3nHs
                       / / /
           ________// / /
          /           \    / 人人人人人人人人人人人
         ..// ̄ ̄ ̄ ̄// ̄ ̄\ \ /   )!!!!!!!!!!(
      __//____//____\.\__  )              (
     /))..   _         __     レ、⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
     i   /⌒_ヽ、     /⌒_ヽ、     i
     ´──´/⌒ヽヽ ───-/⌒ヽヽ ヽ──'
         i ◎::))      i ◎::))
         )ヽ_ノノ      )ヽ_ノノ   ギャギャギャギャギャ
,.,.,_,..,_,.,.,_,..,_,.,.`)  (,.,.,_,..,_,.,.,_,..)   (,.,.,_,..,_,.,.,_,..,_,.,.,_,..,_,.,.,_,..,_
崖崖崖崖崖崖⌒Y⌒崖崖崖崖⌒Y⌒Y崖崖崖崖崖崖崖崖崖
崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖
崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖
崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖
崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖崖

65 :終点:04/04/17 11:39 ID:QxlN3nHs
                 |\|\
               | | .\
              | |  ..\
             ,,,,,|丿   ..\
          ,,.''"´        `:、
        /′           .`:、
          /   \           ミ
       |         υ       ヽ    ハァ…ハァ…
       ..i──/             .|
       `、/        υ   ..  i
          :             ノ
         ,:'            `:、
        `:、             `:、
         ;               `:、


   こ…これ以上右に行ってたら確実に死んでたモナ!

66 :終点:04/04/17 11:39 ID:QxlN3nHs






              「…ちくしょう」






67 :終点:04/04/17 11:40 ID:QxlN3nHs



        ∧∧   / ̄ ̄ ̄
       (´∀`;) <…え?
       | ̄ ̄ ̄|  \___
       |     |
       |     |


68 :終点:04/04/17 11:41 ID:QxlN3nHs


                                          .|
                                          .|
        /\      /ヽ,________________|
       /  \___/  ヽ,                      \
      ノ             ヽ                       \
      :i              :⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒|
      :         υ     i                        .|
      :、              ;:__________________|
      `:、       υ      ;
       :、             ;
       .,.ゝ           ノ_..,.,._




                                          糸冬

69 :愛しい我が子:04/04/17 11:43 ID:QxlN3nHs


              ∧ ∧
              (::::::::::)
             ⊂:::::::つ
              |:::::::|
              U U

      あるところにある女の子がいました。

70 :愛しい我が子:04/04/17 11:43 ID:QxlN3nHs


              ∧ ∧
              (::::::::::)
              つ:::と
              |:::::::::)
              U U

  しかしあるとき、13歳という若さで女の子を身ごもってしまいました

71 :終点:04/04/17 11:45 ID:QxlN3nHs


              ∧ ∧
              (::::::::::)
             /:::::::|
            (:::::::しJ)

     思い悩んだあげく…彼女は…

72 :終点:04/04/17 11:46 ID:QxlN3nHs


              ∧ ∧
       ハァ…ハァ… (:::::::::) ─ ─ _
              ⊂:::::つ ─ ̄─
              (::と:::|  ─_ ̄─
               し

73 :終点:04/04/17 11:48 ID:QxlN3nHs
彡ミ゙MW ::w C彡ミ ゙MwC彡:ミ゙::MWw C彡: :ミ゙MWwC彡ミ ゙:::MW wC彡ミ゙MWwC
ミミ彡゙M: :WwC彡ミ ゙MwC 彡ミ゙::W::彡゙MWw C彡ミ゙MWw C 彡ミ゙MWwC彡:ミ゙MW
wC彡ミ゙MwC彡 :::ミ゙ M::W :C彡ミ゙ MC彡 ミ゙MWwC::彡 ミ゙::MWwC彡ミ゙MWwC彡:
彡彡ミ゙MWwC゙MwC彡ミ゙MWwC:::ミ゙W彡 ミ゙MWw:: :C w:: C 彡彡ミ゙MW w彡ミ゙MW
C゙W゙M彡ミ゙ MW::wC 彡ミ゙Mw:: :彡゙MW 彡ミ゙MCミ゙Ww彡゙MwCミ゙MWw彡ミ゙ M wC
彡ミ゙MWwC 彡ミ゙M WwC彡 ::ミ゙MWwC彡ミ:: :゙M:::WwC彡ミ゙M ::W wC彡ミ゙MWwC
|::::::::::::::::::::::::┃:::::::::::::::ノ:::ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::|ノノ:::::::::::::::::
|::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::ノ:::ノ::::::::::::::オギャー:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ::ノノ:::::::::::::::::::::::
|:::::::::【:::::::::::::::|::::::::::::ノ:::ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::オギャー:::::::::::::ノ::ノ:::::::::::::::::::::::::::
|::::::::::::::::::::::::‖::::::::ノ:::ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::(::::(:::::::::::::::::::::::::
|::::::::::::::::::::::::::|:::::::ノ:::ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(::::;;;;)::::::::::::::::::::::::::::::::::):::::):::::::::::::::::::::::::
|::::::::::l:::::《:::::::|:::::ノ:::ノ:::::::::::::::::::::::::::::::オギャー::っ/_ノ):::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::ノ::::::::::::::::::::::::
|::::::::::::::::::::::::∬ノ:::ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::ノ:::::ノ::::::::::::::::::::::::::::::::
|::::::::t::::レ:::::::::|ノ:::ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∪∪::::::::::::::::::::::::::ノ::::::ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::
^'’^'‘´```'^'’^'‘´```'^'’^'‘´```'^'’^'‘´```'^'’^'‘´```'^'’^'‘´```'^'’^'‘´```'^'’^'‘
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
^‘´`^'’^'‘´`^'’^'‘´```''’^'‘´```'^'’^'‘``^'’∩∩^'‘´```'^'’^'‘´```''^^'’^'‘´````'
|:::::::::::::::::::::::::|:ヽ:::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::
|:::::::::::::::::::::::∬:::ヽ::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::っ:、^|):::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::、::::::::::::::::::::::::::::
|::::::::::l::::::《::::::|::::::::ヽ::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(::::゙゙゙)::::::::::::::::::::::::::::::::::::):::)::::::::::::::::::::::::::::
|::::::::::::::::::::::::‖::::::::::ヽ::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::(:::(:::::::::::::::::::::::::::::::
|::::::::【::::::::::::::|:::::::::::::::::::ヽ::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::ヽ、:::::::::::::::::::::::::::

74 :終点:04/04/17 11:49 ID:QxlN3nHs






             ごめんね






75 :愛しい我が子:04/04/17 11:50 ID:QxlN3nHs


              │
              │   │
              │ │ │
              │ │ │    │
              │ │ │ │ │
                 │ │ │ │
                  .│ │ │
              ..__..,.、    │ │
             ;´,'´  `ヽ,  │ │
            / i:::::::::::::::::::;i  │ │
            i :、::::::::::::::::ノ`:   │   ━╋━    ┃ ┃┃
            ヽ、.ヽ;;;;;;;;ノ,  `:、      ┏┫    ━╋━
             `:、   ノ   `i    ┏┛┃      ┃        ━━━━
               i、_,ノ´ヽ,   ヽ、   ┛  ┃    ━╋━   ╋┓
               ヽ,   \  i             ┃     ┃┛
                ヽ、   ヽ、ノ
                  `‐-ノ´

    ━╋━    ┃ ┃┃
    ┏┫    ━╋━
   ┏┛┃      ┃        ━━━━
   ┛  ┃    ━╋━   ╋┓
              ┃     ┃┛


76 :愛しい我が子:04/04/17 11:50 ID:QxlN3nHs
                 〃     〃
              ╋╋   ┃ ┓  ━━━   ┗┓
                ┛   ┛ ┗          ━━┛

                    _  _  . , .
                /             ̄  ヽ
              ;
            :,                       :、
                   , ´   ̄   `  、
         /      /              ヽ      `
                                 ヽ     ヽ
             /        / ⌒  \
                   /         ヽ     i     丶
       i     i       i   (  )    l
                                  ノ       `
             、      ヽ 、      ノ            i
       :、      ヽ        −   ̄     ´
                                ノ        ;
         :、        ヽ   、        _
                        ̄             ノ
           ヽ                        ,
             、                     ,
               、                 ,
                 -  _  ..  _  ..,. ノ


77 :愛しい我が子:04/04/17 11:52 ID:QxlN3nHs
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::やがて月日は流れ…::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

78 :愛しい我が子:04/04/17 11:54 ID:QxlN3nHs

                  ∧∧
              ∧ ∧(:::::::::)
              (::::::::::)し:::::U
              つ/゚゚ノ)|::::::::|
              |:::::::|  |::::::::|〜
              U U  ∪∪

  やがて彼女も結婚し、子供も産まれ、幸せな家庭を築いていきました…

79 :愛しい我が子:04/04/17 11:55 ID:QxlN3nHs


        目 目 目
         ヾ、|.|//
        目=◎=目  _
          //|.|ヾ、  /./`l`l
          目 目 目 |..| |..|
      ┌┐ ノ  ヽ  .l、l、ノ.ノ
      ││ ~~~~~~~   ヽヽ
      WMWMWMWMWM
      /  2chランド  \
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   例の池があったところは遊園地になっていた

80 :愛しい我が子:04/04/17 11:57 ID:QxlN3nHs


     ∧∧         ._______
     (::::::::)        . .|        |
    ⊂::::::J∧∧      | ボート乗り場|
     |:::::::|(::::::::)っ     |______|
     ∪∪(::::::)       ||      ||

 _________________
        ...         ...
  ∠ ̄ ̄ ̄`,ゝ ..∠ ̄ ̄ ̄`,ゝ
  \ ̄ ̄ ̄´ノ  \ ̄ ̄ ̄´ノ
   ~~~~~~~~~    ~~~~~~~~~

  子供を連れて遊園地に行くと、池はボート乗り場になっていた

81 :愛しい我が子:04/04/17 11:58 ID:QxlN3nHs


     ∧∧  \ヽ l //
     (:::::::)__∧∧__、
    く(つ:|   (:::::::::) ..,ゝ
    \ ̄ヾ、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
      ~~~~厂ヽ~~~~~~~~
        ヽ、....\
         ~~~~~

   ボートに乗っているとい、突然子供がおしっこしたいと言い出した

82 :愛しい我が子:04/04/17 11:58 ID:QxlN3nHs


   .∧∧.∧∧
   (::::::=(::::::)__∧∧__、
    く(つ:|   (:::::::::) ..,ゝ
    \ ̄ヾ、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ
      ~~~~厂ヽ~~~~~~~~
        ヽ、....\
         ~~~~~
  誰もいないのを確認すると…

83 :愛しい我が子:04/04/17 12:00 ID:QxlN3nHs
               ノ⌒  ~^⌒゙^;:
               i    _    :
               :  ; i´``"ヽ, i
               |_ノ)i,     i l
              ノ   _l     l/⌒i
              ノ  )´ i    i ,ノ
_.._..,..___,.._..___._.;´   ̄``i   .ノ/ヽ;,
                 ,.,. |   ノ ../
                   i   l _,ノ´
                 − i   l´,ノ,
               .  _,.,⊂mm:,ノ)
_.._..,..___,.._..___._.,..__        ノi
               `ー┬−┬-.ノ l
                 i   l   i
                 |   i   l
                 l .. .il...... .i
                i⌒^ヽ、i.. ̄ ̄`ヽ,
                (__(___ノ

         池に向かって女の子を差し出しだ

84 :愛しい我が子:04/04/17 12:00 ID:QxlN3nHs
               ノ⌒  ~^⌒゙^;:
               i    _    :
               :  ; i´``"ヽ, i
               |_ノ)i,     i l
              ノ   _l     l/⌒i
              ノ  )´ i    i ,ノ
_.._..,..___,.._..___._.;´   ̄``i   .ノ/ヽ;,
                 ,.,. |   ノ ../
                   i   l _,ノ´
                 − i   l´,ノ,
               .  _,.,⊂mm:,ノ)
_.._..,..___,.._..___._.,..__        ノi
               `ー┬−┬-.ノ l
                 i   l   i
                 |   i   l
                 l .. .il...... .i
                i⌒^ヽ、i.. ̄ ̄`ヽ,
                (__(___ノ


    すると…女の子は静かに 言った


    「ママ…」

85 :愛しい我が子:04/04/17 12:01 ID:QxlN3nHs







           . . .
         「今度は 落とさないでね」





                              糸冬

86 :ハンスワン別府温泉:04/04/17 12:03 ID:QxlN3nHs
なんか途中で「愛しい我が子」が「終点」になってました
すみません
上の2作の出典は 片桐常夫さんの「怖い話」(本当です)からです

87 :挑戦:04/04/17 12:04 ID:QxlN3nHs


          ___________
         /|茂名病院 † 茂名病院 |
  、i,.  /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 ヾゝ彡/::::::| [] [] [] [] [] [] [] [] []  .|
 ミ`;ノゝ::::::::::|                    |
ミミ;゙i彡´:::::::::::| [] [] [] [] [] [] [] [] []  .|
 ゙''|il|:::::::::::::::::|                     |


    「おい見ろよ」

    「ああ病院だモナ」

    「高そうだなゴルァ」

    「このAAじゃ何階建てかわからないな」

    「モナは前エレベーターに乗ったことがあるモナ、8階まであったモナ」

    「確かか」

    「確かモナ」

    「実験にちょうどいい高さだゴルァ」

    「そうモナね」


88 :挑戦:04/04/17 12:05 ID:QxlN3nHs


   ∧_∧  ∧_∧  ∧ ∧
  ( ´∀`) (・∀・ ) (゚Д゚ )
  (    ) (    ) (|  |)
  | | |   | | |   |  |〜
  (__)_) (_(_)  U U


  俺達三人は某有名大学の生徒だ
  三人でいろんなことに頭脳で挑戦している
  今回はバンジージャンプだ

89 :挑戦:04/04/17 12:06 ID:QxlN3nHs


      ∧∧∩
      (゚Д゚)ノ
      (|  |
     〜|  |
      ∪∪


  実際にバンジージャンプする役目は
  勇気のあるギコに決まった

90 :挑戦:04/04/17 12:06 ID:QxlN3nHs


          ウィーン カタカタ
     ∧_∧ _____    ∧_∧
    ( ´∀`/最新の /    (・∀・ )
    ( つ /   PC/     (つU⊂)コポコポ
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   計算や準備は僕たちの役目

91 :挑戦:04/04/17 12:07 ID:QxlN3nHs


          カタカタ
     ∧_∧ _____    ∧_∧ フムフム
    ( ´∀`/最新の /    (・∀・ )
    ( つ /   PC/     (つ==⊂)
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              _______∧_____________
             /ゴムの伸び率は断面積3.45p2当たり35kg/m+3b \
            |よって67hPa∴α/β+1.4×10の6乗bud-cells-2.4  |
            |内包量も視野に入れるとしてDp, μmがEcの3乗   |
            |の式に当てはまるからPa°+5.76mAqだと思われ  |
  _____∧____________
/ということは45.8xに5.7psiの圧力が働くから \
|結果的に23α+8/5kgf/m2と4046.9m2で3.7t|
|6.7π+3γtの7乗に比例するとして46.9Paπ.|
|になるモナね                   .|

92 :挑戦:04/04/17 12:08 ID:QxlN3nHs

  実地調査もかかせない
    ____
    ヽ__/    ∧_∧
    (*゚o゚)    (´∀` )   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (|  つ   (    ) <最近階数増やしたり減らしたりする工事ってなかったモナ?
     ノ__ヽ    | | |   \________________________
     ∪∪    (_(_)

 .___∧_________________
/                              .\
|  ええ、この病院新しいから工事とかはまだないわよ|

93 :挑戦:04/04/17 12:09 ID:QxlN3nHs


    ____
    ヽ__/    ∧_∧
    (*゚o゚)    (´∀` )   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (|  つ   (    ) <ちなみにこの病院何階まであるモナ?
     ノ__ヽ    | | |   \______________
     ∪∪    (_(_)
              。
 .___∧_     o
/       \
|  8階よ    |    ○

       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       | 確認するまでもなかったモナ |
       \____________/

94 :挑戦:04/04/17 12:10 ID:QxlN3nHs

 病院の一階分の高さが同じなのは病院建設の関係者から聞いた。
 病院の一階分の高さは測って知っている。
 8倍して、さらに敷石と天井、土地の起伏による誤差なども考慮にいれて
 調整していく…

            カタカタ
     ∧_∧ _____
    ( ´∀`/最新の /
    ( つ /   PC/
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


95 :挑戦:04/04/17 12:12 ID:QxlN3nHs

  そして、高さ、ゴムの伸び率、ギコの体重、身長、結び目などをまとめ、
  ゴムの長さを決める、ギコは「眼前スレスレ地面」がいいと言っているので
  慎重に決めなければならない、少しでも長ければ顔ごと地面に激突してアボーンだ…

            カタカタ
     ∧_∧ _____
    ( ´∀`/最新の /
    ( つ /   PC/
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

96 :挑戦:04/04/17 12:13 ID:QxlN3nHs


   そしてついにこの日がやってきた

                 | じゃぁ逝ってくるぞゴルァ!!  |
                 \               /
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄
          ∧_∧  ∧_∧    ∧ ∧
         ( ´∀`) ( ・∀・)   (゚Д゚ )
         (    ) (    )  ⊂===つ
 ┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳
 ┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃

97 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 12:17 ID:SFKvQC/8
支援?

98 :挑戦:04/04/17 12:17 ID:QxlN3nHs

          ∧_∧  ∧_∧    ヽヽ  バッ
         ( ´∀`) ( ・∀・)     ))
         (    ) (    )    ∧∧
 ┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳(    )┳┳┳┳┳┳┳
 ┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃Φ  Φ...┃┃┃┃┃┃
                        ノ===ノ


99 :挑戦:04/04/17 12:19 ID:QxlN3nHs



          ∧_∧  ∧_∧
         ( ´∀`) ( ・∀・)
         (    ) (    )
 ┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳
 ┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃∧ ∧ ┃┃┃┃
                          \( ゚Д゚)ノ^ノ
                            |===|   トォッ
                           0____つ

100 :挑戦:04/04/17 12:19 ID:QxlN3nHs




          ∧_∧  ∧_∧
         ( ´∀`) ( ・∀・)
         (    ) (    )
 ┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳
 ┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃◎┃┃┃┃┃┃
                             ‖
                             ‖ ヒュゥ───
                             ‖
                             ‖

101 :挑戦:04/04/17 12:20 ID:QxlN3nHs

              / ̄ ̄ ̄\
              |   ! .  |
              .\    /
                ̄∨ ̄
          ∧_∧  ∧_∧
         ( ´∀`) ( ・∀・)
         (    ) (    )
 ┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳
 ┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃◎┃┃┃┃┃┃
                             ‖
                             ‖ ヒュゥ──────
                             ‖
                             ‖

102 :挑戦:04/04/17 12:23 ID:QxlN3nHs

              / ̄ ̄ ̄\
              |  なぁ… |
              .\    /
           ?    ̄∨ ̄
          ∧_∧  ∧_∧
         ( ´∀`) (・∀・;)
         (    ) (    )
 ┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳
 ┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃◎┃┃┃┃┃┃
                             ‖
                             ‖ ヒュゥ────────
                             ‖
                             ‖

103 :挑戦:04/04/17 12:23 ID:QxlN3nHs

              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
              | 病院ってさぁ… |
              .\         /
                 ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄
          ∧_∧  ∧_∧
         ( ´∀`) (・∀・;)
         (    ) (    )
 ┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳
 ┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃◎┃┃┃┃┃┃
                             ‖
                             ‖ ヒュゥ──────────
                             ‖
                             ‖

104 :挑戦:04/04/17 12:24 ID:QxlN3nHs





              4階あったっけ?




                                   糸冬

105 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 12:25 ID:p0CWE/0Y
乙。
しかし3つまとめて張らなければいけない理由がわからん。

106 :ハンスワン別府温泉:04/04/17 12:27 ID:QxlN3nHs
>>105 
すみません…<(_ _;)>
どうしても一度に貼りたい欲求がありまして…
ご迷惑懸けたのなら深くお詫び申し上げます…

107 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 12:27 ID:7vhnZn+O
乙。
漏れも最後の一作だけでよかったと思うけど、
三作につながりでもあったのかな?

あと、支援スレについてはテンプレに書くべきだな・・
前スレでもだけど、ここまで多いとちょっとなぁ。
支援どころか妨害になりかねないし。

108 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 12:27 ID:MYvBOEc4
GJ!
最後の作品が一番怖かった
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

109 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 12:28 ID:7vhnZn+O
>>106
まぁ、スレには容量の限界があるし、
自己満足のためだけなら、やめておいた方が良かったかな。
他の職人さんの迷惑になるかもしれないし。

110 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 12:29 ID:UTmagyMk
まぁ次は無いって事で・・・ビデオ棚もあるんだからね。
ともかくオツ。

111 :ハンスワン別府温泉:04/04/17 12:29 ID:QxlN3nHs
最後の作品は
元は「バンジージャンプの始まり」というアメリカンジョークで、15階建てのビルから
バンジージャンプしたけど、13階がなかったというものを日本風に変えました

112 :ハンスワン別府温泉:04/04/17 12:32 ID:QxlN3nHs
本当に容量とかで迷惑かけてしまってすみませんでした
お詫びに2作品ぐらい作って投稿する予定です

113 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 13:28 ID:qI3xGNL9
最後の作品は(・∀・)ナイス!!
最初の2作は萎えたけど詫びてるからヨシとする。

あと、アメリカンジョーク作品ってありですよね?
作りたいのですが。

114 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 13:31 ID:pgZ8Nlpv
モララーのビデオ棚 in AA長編板その20
http://aa3.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1081341246/-100

こういうスレもあるから、どっちに貼るかよく考えてな

115 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 13:31 ID:BBNahIpc
その前にスレ違いだろ
ショートショートじゃないじゃん

116 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 13:56 ID:qI3xGNL9
いま、見れる過去ログ殆ど見ましたがやっぱり問題になってますね。
じゃあもし埋め立てがあればそのときに貼らしていただきます。

>>115IDがブロードバンド。

117 :01/14:04/04/17 15:24 ID:qrE/Y1f3

   父と息子の対話…

             ┌───────────────
             |パパ、ひとつ聞いてもいい?
             └─────────v─────

      ∧_∧                ∧_∧
      ( ・∀・)               (・∀・ ) _
      (     )  ━━━┳┳━━━ (___)| |
    | ̄| ┐ ┐ ┐     .┃┃.       │     |
    |  ´l(__)_)     .┃┃.       │     |
                ̄ ̄ ̄ ̄
   ┌───ヘ────
   |なんだい
   └───────


118 :02/14:04/04/17 15:24 ID:qrE/Y1f3


          ┌─────────────────
          |国の仕組みってどうなってるの?
          └────────────v────

       ∧_∧                 ∧_∧
       ( ・∀・)                (・∀・ ) _
       (     つ ━━━┳┳━━━━ (___)| |
     | ̄| ┐ ┐ ┐      ┃┃       │     |
     |  ´l(__)_)      ┃┃       │     |
                  ̄ ̄ ̄ ̄
┌─────ヘ───────────────────
|いい質問だ。よし、うちの家族を例にとってみよう。
└────────────────────────


119 :03/14:04/04/17 15:25 ID:qrE/Y1f3
|
| 大変です!我が社の株が最安値を更新しました!
\___ ____┌─────────────────────
      ∨         | 落ちつきたまえ。
                 | これ以上下がることはないから安心しなさい。
                 └───┐r────────────────
   /| ̄ ̄ ̄ ̄|彡||ミ      レ′
  / | 〓〓〓 |彡||ミ
/   |        |  ||    ____
|    ∧ ∧  ∝|  ||   | ∧_∧ |
|   ニ( ゚Д゚)    || ̄|   |(・∀・ ) |
|  三./⊃/⊃ _,|| _|_⊂ ___ )_|
| 二/  /      / 凸 圖   / |
|ニ @ @      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
|               |______|/


=========================================================
         パパはお金を稼ぐから”経営者”だ。
=========================================================


120 :04/14:04/04/17 15:25 ID:qrE/Y1f3

                              ノ⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ヽ
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,  _,,--, )) ,,,,    (  そろそろ寒くなってきたし、       )
     ∧(((((∧       (" /     '';;    ) 新しいコート買わなきゃね…。     (
    ((∀- ))))       / /       ;; 。o(  今年は黒がいいかな?         )
,,,,,,,,,,,,,/つと`Y⌒ヽ-'⌒フ==/ /――--'⌒ヽ---,  ) 裏地がキレイなのを選びたいわね。  (
    (_ノ,,,(,,ヽ_ノ,,,,,,_ノ__ノ――――ー―'"  (  その色に合わせてマフラーも…    )
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;,  ヽ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜'
                           ;;
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;;



=========================================================
        ママは家計を管理してるから”政府”だ。
=========================================================


121 :05/14:04/04/17 15:26 ID:qrE/Y1f3


          ∧(((((∧
          ((( ・∀・ ))
          ))))  (((              ∧_∧
          (\⌒)||             (・∀・ )
           )\二つヽ三/  ヽ三/    (     )
          (l二二二二∧_∧二二二二l ┌ ┌ ┌ | ̄|
         しー|_|____)( ・∀)   |_| (_(__)l`  |
                (   つ
                と__)


=========================================================
 そして,パパとママに面倒を見てもらっているお前は”国民”だね。
=========================================================


122 :06/14:04/04/17 15:26 ID:qrE/Y1f3


             ∧∧        ∧_∧
             (*゚ー゚)      (・∀・ )
             <ilつ三)     とと   )
        (( ((  〇i__i ヽ      ( (  (
             ^(/ヽ)^      (__(__)


=========================================================
      ウチで働いてるメイドのミニーは”労働者”だ。
=========================================================


123 :07/14:04/04/17 15:27 ID:qrE/Y1f3




                  ___
                /ノへゝ
                | \´-`)ゝ
                \__ ̄ ̄ヾ.
                 \__/




=========================================================
          赤ちゃんは・・・そう,”未来”だね。
=========================================================


124 :08/14:04/04/17 15:27 ID:qrE/Y1f3

 ┌────────────────
 |国の仕組みってこんな感じだよ
 └────v───────────

      ∧_∧                 ∧_∧
      ( ・∀・)                (・∀・ ) _
      (     )  ━━━┳┳━━━━ (___)| |
    | ̄| ┐ ┐ ┐     .┃┃       │     |
    |  ´l(__)_)     .┃┃       │     |
                ̄ ̄ ̄ ̄
            ┌──────────ヘ───
            |うーん。よく分からないや
            └──────────────


125 :09/14:04/04/17 15:27 ID:qrE/Y1f3



        _∧_∧__     オギャー ___
        / (( ・∀・)() /         /ノへゝ オギャー
      /'"⌒⌒⌒⌒"')         | 。゚´Д`゚)゚。ゝ
      / ※※※※ /         |TTTTTTTTTT|
      / ※※※※ /         | | | | | | | | | | |.|.|
     (_____ノ           ゚ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゚̄



=========================================================
    その夜,赤ん坊がおもらしをして,ひどく泣いていた。
=========================================================


126 :10/14:04/04/17 15:28 ID:qrE/Y1f3
 |
 |
 |
 |  ______
  /______/|
  |Ll__=__| :|
  |Ll__=__| :|  __________     __________
  |Ll__=__| :| /           /||    /   ∧(((((∧   /.||
  |Ll__=__| :|_/ .            / ||__/   (( -∀- ))  / .||
/|L|__=__|/( ̄/´ ̄ ̄⌒ヽ ̄.ヽ /||  ( ̄/´ ̄ ̄⌒ヽ ̄.ヽ /||
             ノ           ノ/   ノ           ノ/
            /   )         / /  /   )         / /
          l     ヽ      l ,/    l     ヽ      l /
          ノ      ー    ヽ/    ノ      ー    ヽ/
         'ー─'´ー───-´´/   'ー─'´ー───-´´/
         | |______| |/     | |______| |/
         |_|           |_|     |_|           |_|

      ∧_∧
     ( ・∀)
=========================================================
      ジュニアは両親に知らせようと寝室に行ったが,
      ママが熟睡していただけだった。
=========================================================

127 :11/14:04/04/17 15:28 ID:qrE/Y1f3
=======================================================
   そこで,メイドの部屋に行った彼は,ドアの隙間から
   パパとミニーがベッドの上で夢中になっているのを見た。
=======================================================
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;        ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;        ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;    ∧_∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;    (;;・∀ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;    (つ   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;    し'´J;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;''         '';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;'''           ''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


                  アッ    ∧_∧  カクカク
                アッ    ≡ (∀・; )____
             ( ̄ ̄ ̄  ∧∧__/)と  ) )))     ヽ
              \   と(゙ー゙*)_(_、__)       \
               \     (/  ≡            ヽ
                 ヽ______________)


128 :12/14:04/04/17 15:30 ID:pxBHhwYW



        _∧_∧__     オギャー ___
        / ((-∀-)() /         /ノへゝ オギャー
      /'"⌒⌒⌒⌒"')         | 。゚´Д`゚)゚。ゝ
      / ※※※※ /         |TTTTTTTTTT|
      / ※※※※ /         | | | | | | | | | | |.|.|
     (_____ノ           ゚ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゚̄



=========================================================
   しかたなく,ジュニアは自分の部屋に戻って寝てしまった。
=========================================================


129 :12/14:04/04/17 15:31 ID:pxBHhwYW
=========================================================
                  次の朝・・・。
=========================================================


          ┌─────────────────
          |やっと国の仕組みって分かったんだ
          └────────────v────

       ∧_∧                 ∧_∧
       ( ・∀・)                (・∀・ ) _
       (     つ ━━━┳┳━━━━ (___)| |
     | ̄| ┐ ┐ ┐      ┃┃       │     |
     |  ´l(__)_)      ┃┃       │     |
                  ̄ ̄ ̄ ̄
  ┌────ヘ──────────────
  |ほう。えらいな。どれ,説明してごらん
  └──────────────────


130 :14/14:04/04/17 15:31 ID:pxBHhwYW




      ∧_∧                ∧_∧
      (l|i・∀・)               (;;∀;;;;) _
      (     )  ━━━┳┳━━━ (;;;;;;;;;;;)|  |
    | ̄| ┐ ┐ ┐     .┃┃.      | ̄ ̄   |
    |  ´l(__)_)     .┃┃.       │     |
                ̄ ̄ ̄ ̄
 ┌─────────────────ヘ─────────────
 |ええとね。”経営者”が”労働者”をやっつけている間,
 │”政府”は眠りこけているんだ。そして,”国民”は完全に無視されて,
 |”未来”はクソまみれなんだよ
 └───────────────────────────────


131 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 15:37 ID:af0V7ZBm
さ、最悪だ!w

132 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 15:51 ID:Vt3vHbqG
誰か座布団やれw

133 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 16:14 ID:QVopr8xF
ブラック杉だ(w

134 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 17:25 ID:f7TqlXo8
ワロタ

135 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 18:13 ID:okKq3Lkj
>>130
おもしろいんだけど笑えない…

136 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 18:21 ID:76B5oRWE
素晴らしい
感動した

137 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 19:05 ID:gOi+hvze
上手いなこれは・・・

138 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 19:12 ID:/Wg7I9+I
>QxlN3nHs

オカルトスレからのコピペ。ただの荒らし。

139 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 19:51 ID:IuBpt9hN
>>138
?


140 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 19:52 ID:P9R3X9Th
クソワロタ

141 :1/4 :04/04/17 20:45 ID:x3YpNtrI

/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| ああ、ありがとう。どれどれ・・・・

   ̄ ̄ ̄|ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ∧∧   ∧∧    / ̄ ̄ ̄ ̄
    ( ゚Д゚) (゚ー゚*)  < 先生、お手紙です。
  _φ{||}C))_ □⊂)    \____
/旦/三/ / | | |
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| . | し'∪
|_____|/   


142 :2/4ずれた・・・鬱:04/04/17 20:45 ID:x3YpNtrI
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//
       /    バカ        /  /   /
     /              /  /   /
    /   ____     /  /   /
   /              /  /   /
 /              /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /


( ゚Д゚)  ・・・・・・・


143 :3/4ずれた・・・鬱:04/04/17 20:46 ID:x3YpNtrI
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| ・・・・いや、それが・・・・

   ̄ ̄ ̄|ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ∧∧    ∧∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ( ゚Д゚)   (゚ー゚*)  < 先生、どうかしましたか?
  _□{||}C))_ ∪∪)    \________
/旦/三/ /| | |
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| . |  し'∪
|_____|/   



144 :4/4:04/04/17 20:47 ID:x3YpNtrI



「差出し人の名前しか書いていないのだ」



145 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 20:48 ID:GMp9gXgB
GJ!
元ネタは何?

146 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 20:48 ID:QC6wM31q
お見事と言うほか無い

147 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 20:49 ID:GMp9gXgB
x3YpNtrI

とりあえずsageて。

148 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 20:58 ID:x3YpNtrI
>>147
sage忘れスマソ。


149 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 21:03 ID:x3YpNtrI
>>145
元ネタは、昔読んだ本に載ってた話。
作者は忘れたが題名は「差出し人」だったと思う。

150 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 22:15 ID:9apc6A1R
今だ!! 150ゲトー!!!!
 ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄        (´´
    ∧∧    )      (´⌒(´
 ⊂(゚Д゚⊂⌒ ̄`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
        ̄ ̄ ̄  (´⌒(´⌒;;
                   ズザーーーーーッ

151 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 22:29 ID:kKz7J59G
おもしろかったです。アメリカンジョークなのかな。
ttp://www.nurs.or.jp/~lionfan/index0583.html

それと、吹き出しは上から下、左から右に読むから、位置が気になった。

152 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 22:57 ID:gSqchp09
          ∧_∧
    ∧_∧  (´<_`  ) 兄者は十年後にはきっと、せめて十年でいいからもどってやり直したいと
  煤i;´_ゝ`) /   ⌒i  思っているのだろう。
   /   \     | |  今やり直せよ。未来を。
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |   十年後か、二十年後か、五十年後からもどってきたんだよ今。
__(__ニつ/  FMV  / .| .|____
    \/____/ (u ⊃



153 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 23:32 ID:/JD5CM/N
>>152
ショートショートではないのかな?
でも(・∀・)イイ!

154 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 23:41 ID:nt9Y/mD2
>>152
ねこぢる、か。

155 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 23:42 ID:Vt3vHbqG
意味わかんないんだけど・・・

156 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 23:44 ID:8uCvtAee
これ、元ネタがねこじるとはしらなんだ

157 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/17 23:55 ID:yr55avAd
>>152
すごく(≧∀≦)/イイ!!

158 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/18 00:03 ID:RA9urcEG
>>152
いいっつーか欝っつーかそんなのこちとら分かってんだ!!
・・・そしてこれに気づいてからもう10年ほど経ったなぁ(つД`)

159 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/18 01:22 ID:9IqIy9EJ
頻出コピペのような希ガス

160 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/18 02:02 ID:28G7kt+j
ショート・ショートなら
本の題名でも作者でも書いてくれ。
ただのオリジナルならビデオ棚いってくれ

161 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/18 02:47 ID:JocuO8rh
>>158
今やり直すんだ!御前は10年後からタイムスリップしてきたんだ。

162 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/18 03:20 ID:g1rEO/yr
記憶を保ったままならいいんだけどね・・・。

163 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/18 05:02 ID:T5nhH1Dq
>>152
ショートショートなのかただのコピペなのかはしらんが
俺は今までで一番良かったと思うよ

164 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/18 09:43 ID:nRfH2sW5
>>163
コピペ

165 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/18 10:19 ID:mnfxfRfz
別にコピペだからって貶す必要はなかろう

166 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/18 14:20 ID:+dLglIdV
でもここは「ショートショートをAAにするスレ」だから、
>>160もいってるけどショートショート以外のものは
他のところに貼るようにしたほうがいいと思うよ。 

167 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/18 15:03 ID:OaRN3y7X
ジョークとショートショートの線引きはどこに置けばいいのだろうか。
俺としてはジョークはアリなんだが。(過去にここに書いた手前もあるし)
ジョークとして収録されていても、さながらショートショートのような作品もあるし、
またその逆もある。

ただ少なくとも自分で作った初出のものを貼るというのが筋ではなかろうか。
その意味で>>152は(ネタ自体は好きだけど)違うと思う。

168 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/18 15:11 ID:S1HLZ9t1
住人の意見を聞いてしっかり決めた方が良いような気もするが・・
名作ショートショートスレなんだから、
漏れは原作があるショートショートのみがいいと思うが。
小ネタやジョークなんかはビデオ棚でもOKだし。

169 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/18 15:14 ID:s8RacK+n
「ジョークを集めるスレ」みたいのがあれば、
そっちに移行できるんだけどな。

170 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/18 15:17 ID:Eq4uCCM6
152て去年からいろんなとこに貼られてるよな…

171 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/18 15:39 ID:UZdvDFkn
>>169
いや、だから、小ネタはビデオ棚だってば。

172 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/18 16:08 ID:HxsNp+wB
星新一,小松左京のショートショート=このスレ
その他の作者でも面白いショートショート=このスレ

では原作者不明のときは…基本的にビデオ棚が良いと思う。ジョークもビデオ棚。

ただ、このスレが寂れまくっていている場合に限りこのスレでも良いということにしてはどうか?

173 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/18 16:14 ID:okwbUPv9
>172なんだか虫がいいぞw

自作の短編はビデオ棚向きと思うけど、他は職人の判断で
いいと思う。ここでも、他のスレでも

174 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/18 17:44 ID:ZJrsfxw3
虫がいいけど虫が良くなくてはスレは壊滅だな。
172の提案に賛成しておく。

175 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/18 18:06 ID:BdZQUksS
ショートショートの定義自体がしっかりしていないのでは。

176 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/18 18:33 ID:Vbtm1DfZ
ロバート・オバーファーストというアメリカの評論家の定義によると、

1・新鮮な着想
2・完全なプロット(筋)
3・意外な結末

の三つをそなえていないといけないそうだ。

(※新潮文庫 宇宙のあいさつ 解説 からの引用)

177 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/18 20:22 ID:BdZQUksS
>2・完全なプロット(筋)
起承転結がしっかりとしてないとだめってことかな。

178 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/18 20:26 ID:MAxb5tD5
俺は筒井康隆の「30ページ以下の話」ってのが妥当だと思う。

179 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/18 20:38 ID:56QfWEyn
俺は議論する時間があれば
「コレがショートショートや!」って作品をAA化する
それで興味を持ってもらって
原作を読んでもらえたら嬉しい

180 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/18 20:44 ID:qVTpONrr
179の作品マダー?

181 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/18 21:59 ID:S1HLZ9t1
期待sage

182 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/18 23:45 ID:OaRN3y7X
こだわっててうざいと思うかも知れんが、ジョークにも>>176に含まれるものは一杯ある。
長さも短いやつは2行で終わるが、長いやつは数ページになるし、
1ページに満たないショートショートも存在する。
ただジョークは多くの場合作者不詳なので、線引くならここか?

アメリカのショートショート集を見てみたが、どうもAAにしづらい( ;´Д`)
星さんの「分かりやすさ」は大した物だなあと改めて痛感。

183 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/19 00:35 ID:w0s63cJ8
確かに、定義に当てはめるならジョークもありなのか・・
それなら漏れはジョークもOKになるなぁ。
その定義に当てはまってれば、ショートショートと呼べるだろうし。
ただジョークでもなんでも有りって訳じゃなくて、
線引くのは職人さんの判断で、ってのは駄目か?

184 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/19 00:56 ID:W4OdcrX1
オカルトはオカルトスレ、オリジナルはビデオ棚、くらいであとはとやかく言わずにやったほうがいいんじゃないかな
細かく決めると作品が減ったり荒れる元だったりあんまりいい事に無いと思うよ

185 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/19 02:23 ID:PsIHBqiY
面白ければ(・∀・)イイ

186 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/19 10:18 ID:ZsqWXNfN
やっぱり「名作ショートショート」が見たいなぁ。
海外のジョークはお腹いっぱい。

187 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/19 14:24 ID:vm63oH8x
「名作」と「ショートショート」って言う意味がわかってれば
張ってもいいと思うなあ
AA作れないから職人さん期待してます。

188 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/19 20:08 ID:5Mk4/Ugs
超遅レスだが「発明後のパターン」のカタカナ部分って
往年のハリウッドスターの名前をぐちゃぐちゃにしたものだよね?

189 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/19 21:53 ID:Y9toBSgq
>>188
YES

190 :ハズカシクラブ ◆eLHzX/CLbU :04/04/19 22:47 ID:QQAY1LXo
こういうのはダメなのかな?

| 焼っき芋♪焼っき芋♪
\_  _______
   ∨
       ,-、
  γ⌒ヽ〈;;ノ
  ( ´∀`)')     ミ三三ミ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  と  ノ       (д・ 川 < 火使うから
  (/"ヽ)  彡;ミミ と   )  |大人の人がいなきゃダメだよ。
       ミ;;彡ミミ; し"ヽ)   \_____________
 
 
 
         | そこのお兄さん、
         |オラたちが焼きイモするので
         |見ていてくれませんか?
   ∧_∧   \_  _________
   (; ´−`)      ∨
  [( J J
   人 Y
  し (_)     γ⌒ヽ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ('(∀` )   <  見てるだけでいいんです。
                   |イモは食べなくていいんです。
                    \____________
 
 
 
               / ̄ ̄ ̄\
               | やだよ。|
               \_  _/
                  ∨
                 ∧_∧
                 (  ; ´)
                 ([ ̄] J
                 ノ ̄ノ 〉
 γ⌒ヽ ミ三三ミ     (_ノ (_)
 (   ´) (д・;川
   ∧
/ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   
| 世知辛い世の中に  |\
|なったもんだね・・・ / ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
\_______ |そんな頼み方じゃダメに決まってるだろ・・・ |
            \_________________/

191 :ハズカシクラブ ◆eLHzX/CLbU :04/04/19 22:48 ID:QQAY1LXo
元ネタは 「クレヨンしんちゃん」の ある一ページ

192 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/19 22:48 ID:mdtW7km/
いいね〜

193 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/19 22:53 ID:rp3cRuPN
ネタとしては非常に(・∀・)イイ!!
モラビデ向きかも。

194 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/19 23:20 ID:EL1BS3OK
職人さんのモチベーションを下げるようなことは言いたくないけど、
際限無くなるのもそれはそれで頭痛いから・・・難しいね
その、つまり、やっぱりモラビデ向きだと僕も思います・・・

195 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/19 23:52 ID:8oufO3fo
ショートショートでオチもついてる、原作もあるからいいんじゃないのか?

196 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/20 00:22 ID:h/qFKw6Y
ショートショートは短くてそれ一本でオチのあるものだと思う。
星新一はもちろんそうだし、王ロバもこれに入れていい。
しかし、クレしんの場合は一本の漫画の中にいくつかギャグが入っている。
ギャグを一つ取り出してきて、ショートショートと言うのは少し乱暴じゃないだろうか。
これをよしとしたら、元ネタが映画や長編漫画にも及ぶだろうし
モラビデとの区別がなくなってしまう。

197 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/20 03:58 ID:tHLZiOIr

/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| ・・・・いや、それが・・・・

   ̄ ̄ ̄|ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ∧∧    ∧∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ( ゚Д゚)   (゚ー゚*)  < 先生、どうかしましたか?
  _□{||}C))_ ∪∪)    \________
/旦/三/ /| | |
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| . | し'∪
|_____|/   

198 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/20 10:48 ID:t6cciGVR
ttp://jiten.www.infoseek.co.jp/Katakana?qt=%A5%B7%A5%E7%A1%BC%A5%C8%A1%BE%A5%B7%A5%E7%A1%BC%A5%C8&sm=1&pg=result_kn.html&sv=DC&col=KN
ショート‐ショート [short-short<short short story]
奇抜な筋やしゃれた落ちで読ませる超短編小説.推理物やSFが多い.〈現〉


★米国のジャーナリズムで発達.



ショートショートの定義
ttp://www.google.com/search?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=%83V%83%87%81%5B%83g%83V%83%87%81%5B%83g%82%CC%92%E8%8B%60&btnG=Google+%8C%9F%8D%F5&lr=lang_ja


199 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/20 15:46 ID:IltERNjF
只今ショートショートの定義についてもめております。

200 :(・∀・):04/04/20 16:35 ID:wTnLFt9y
とと(・∀・ )⌒ニつ
2 0 0 G T !

201 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/20 16:50 ID:OzwOqn7G
と(・∀・と_⌒ニつ
この方がいいと思うが・・・。
いや、どうでもいいか

202 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/20 16:59 ID:VzoVVX44
オカルトはオカルト、オリジナルはビデオ棚、
ジョークはここでいいんじゃないの?
ちなみに自分は一番はじめの三作品で言うと、
1、2作目がオカルト、3作目はショートショートに見えた。
最後の最後で大逆転ってのがきいたのかな?

203 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/20 20:16 ID:OzwOqn7G
クレしんのネタはどうなんだろう?

204 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/20 20:48 ID:Mv04MVTb
有名な4コマ漫画とかもOKになっちゃいそうだよね。

205 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/20 21:46 ID:losckrAr
そういうスレを別に建てたらどうですか・・・?

例えばこんな奴↓

【そのとき】ジョークをAA化しよう【トムが言ったのさ】


206 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/20 22:14 ID:wu1Z4T31
星新一的に言うと「短い短編小説」だから
クレしんとか4コマは漫画なのでダメだと思われ。


関係ないが>>190の風間君のスネオヘアーに吹いた(w

207 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/20 22:43 ID:zgVCcLp2
はいはい、また童話スレの二の舞にしたいんですか?

208 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/20 22:45 ID:Aa0HJJIu
>>207
じゃあ何か君はスレ違いの作品を認めるとでも言うのかね

209 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/20 23:15 ID:8+xPRBnJ
>184や>207に一票入れとくかな。
そこまで厳格な線引きはいらんと思うけど…

210 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/20 23:21 ID:UKBPpXtm
>>208
童話スレにいたでしょw

211 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/20 23:24 ID:MpzU22I3
漏れも>>184に一票。

212 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/20 23:49 ID:LJhQFcob
漫画がダメなら岡崎二郎もダメってこと?

213 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/21 00:40 ID:XBsvs1Zg
スレ違いっていうのはスレ内容とあからさまに内容と関係無いことをいうんじゃないのか。

214 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/21 02:15 ID:zy/KtUXW
い い か ら お ま い ら な ん か 描 け 。
描 い て か ら 考 え れ ば い い だ ろ う が 。




誰も何も描かないなら・・・
よーしパパなんか描いちゃうぞー、と言ってみるテスト。

215 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/21 07:14 ID:29TLNsSy
>214
描いたから貼っちゃうぞー、と言ってみるテストの方がカコイイぞ

がんがれ。

216 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/21 12:50 ID:scXcSr8h
>>214
よーし、俺とお前どっちが早くこのスレに描くか競争だ!

217 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/21 15:48 ID:a3D1z+wM
>>214,>>216
がんがれ

218 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/21 16:23 ID:RvemLZE7
そこで突如乱入する俺

219 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/21 18:33 ID:+lVhQrlT
1/11

           。
          ノ
         ∧∧
        (゜Д゜)  ボー───ッ
       (   )
────(´ヽXノ´)──────────────

220 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/21 18:34 ID:+lVhQrlT
2/11
                              \
                       ピンポーン
                              /
         ∧∧
      Σ ( ,,゚Д)
       (   )
────(´ヽXノ´)──────────────

221 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/21 18:35 ID:+lVhQrlT
3/11

.  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  | どなたです? |
  \          /
     ̄ ̄|/ ̄ ̄


     ∧∧                 ∧_∧
     ( ,,゚Д)               (´∀` )
     (   つ             日と    つ、
    〜|  .|                | | |[二]
───(/~∪─────┐____(_(__)_______

                       /|
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     | 私は地区の生活指導員でございます。          |
     | このたび、政府が不老長寿の薬を開発いたしました。  .|
     | ご希望ならどうぞ。                           |
     \______________________/

222 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/21 18:35 ID:+lVhQrlT
4/11

   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   | なんだと!? いやに簡単に言うが、  .|
   | 本当に不老長寿の体になれるのか?   |
   \___  _____________/
         |/


    \从/
     ∧∧                 ∧_∧
     (,;゚Д)               (´∀` )
    と   つ             日と    つ、
    〜|  .|                | | |[二]
───(/~ヽ)─────┐____(__,(__)_______

                       /|
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     | そうです。ニュースをご覧にならなかったようですね。.|
     | 効き目が無かったら、政府は信用を失います。     .|
     | 保障付きと言う訳です。                      |
     \_____________________/

223 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/21 18:36 ID:+lVhQrlT
5/11

   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   | ありがたい。今日はこれからしぃちゃんとデートだ。  |
   | 幸先がいい。その前に飲んでおくか…。          .|
   \_______  ______________/
               |/


           ∧∧ クレ!     ∧_∧ ドーゾ!
            (*゚Д)       (´∀` )
           (   つ     日と    つ、
         〜|  .|        Y  人[二]
───────(/~∪─┐___(__ノ`J_________

224 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/21 18:37 ID:+lVhQrlT
6/11


       ゴク ゴク...
           ∧∧          ∧_∧
            (,,゚д◇       (´∀` )
           (  づ       (    つ、
         〜|  .|        | | [二]
───────(/~∪─┐___(__,(__)_________

225 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/21 18:38 ID:+lVhQrlT
7/11

   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   | …おいくらですか?  |
   \_____  ,__/
            |/



           ∧∧          ∧_∧ ソレデハ ワタシハ コレデ…
           ( ,,゚Д)        (´∀` )
         [_と    つ        (    つ、
         〜|  .|        | | [二]
───────(/~∪─┐___(__)_)_________

                       /|
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
           | 無料でございます。国民の為です。 |
           \_______________/

226 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/21 18:39 ID:+lVhQrlT
8/11





           ∧∧
           ( ,,゚Д)
         [_と    )                      バタン
         〜|  .|
───────(/~∪─┐________________

227 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/21 18:39 ID:+lVhQrlT
9/11

   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   | しぃちゃんと会う約束だったな。  |
   | …はて、何のためだったろう?  .|
   \_______  ______/
               |/


           ∧∧  ン?
           (。。,,)
          [_と )
           |  |〜
─────── し`J‐─┐________________

228 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/21 18:40 ID:+lVhQrlT
10/11

   < …なお、人口問題に関連するため、
   お飲みになると、生殖についての思考、
   行為、すべての能力を失います… >

                ,,,,wx,,,,,,,,,
            ,,,xr・''゚”    .,,|l,x,,,,,,,_
       ,,x!″      ,,r'″.゙L `゚'=,,
       ll≒x,,,awrrr━!・″   ,ト   ゚'=,,
       .廴          ,,,ll゙゙y     ゚'=,_
       廴     _,,,,w=''゚゙゙,,,,,,_ル      ゙゚'ェ
        き''''''''"'''“″_,,,r!''l广 ゙゚゙'''・      l、
        .'ll''''''''''''''“゚゚ ̄`  '廴         l|
         廴: : : : : : : : . .  ゙l川x,,_       l
            ゙l、: : : : : : : : :   《  .゙゚K      l
          《      :    《   ゚ョ     .』
             ゙l、: : : : : : :     廴  ゙y    l,,、
           《     : .: :   .廴 .,ll"″    .゙''n,_
              ゙l,: : : : : :    ._,,r'“,,,i´        ″
            ゙l,,,,,━'''''',,,,,,,,レr・'"゙'h,
             `゙”゚゚゚”゛      l

229 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/21 18:41 ID:+lVhQrlT
11/11


   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   | この生殖って、そもそも、なんのことだ?   |
   \_______  __________/
               |/

           ∧∧
           (,゚Д゚,)
           ([_と )
           |  |〜
─────── し`J‐─┐________________

           星 新一の『どんぐり民話館』から「永遠の青春」  糸冬

230 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/21 18:42 ID:JgZatLv/
リアルタイムキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!
乙です。

231 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/21 18:42 ID:imfldbp7
GJ!


232 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/21 18:42 ID:igHU++Gu
初リアルタイムですた。GJ!

233 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/21 18:43 ID:SKQxAl46
余白がたまらん。GJ!

234 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/21 18:44 ID:jxGsG0jo
職人さん乙
この時代の奴等は国が取り込むほど性(ry

235 :ラフメイカー ◆DsN8Mona1s :04/04/21 18:46 ID:o8Q7O4WC
GJ!

236 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/21 18:59 ID:RSlYDUAE
怖いなぁ…
皆、生殖に関する思考ができないから
なぜ副作用を隠していたのかと政府を追及することもできなくなっているのだろうか

237 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/21 19:20 ID:I8j7EzsK
GJ!
シンプルなのにうまくまとまってて(・∀・)イイ!!


238 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/21 19:32 ID:T67lp13y
乙。
不老不死に常について回る問題をとてもうまくまとめている。

239 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/21 21:34 ID:c65Wha8c
ギコはどうやら生殖行為しか考えてなかったらしいなw

240 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/21 21:57 ID:3faRhUbb
gjですた。
星新一はやっぱ(・∀・)イイ!ね

241 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/21 22:17 ID:F5ClnbNF
この話読んだことあるけど、AAで見るとまた違った印象を受けるな。

>>239のコメントにワロタ

242 :小ネタいきます 1/8:04/04/22 17:56 ID:aiElAK1o


                     釆  十  キ ナ,ヽ
                   ̄ 田  q'  ー  の
     ∧_∧
    (´<_`  )  今日は    ニ       |
    /   ⌒i   一番好きな  / ヨ  ̄  | ̄
    ||   | |  ショートショートを        ニ        |
    ||   | | 発表してもらう         / ヨ  ̄  | ̄
___/ |   .| |____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ̄ ̄(u ⊃教卓   |

243 :小ネタいきます 2/8:04/04/22 17:57 ID:aiElAK1o
                ∩
                | |
        はい    | |
        ∧_∧  | |
       ( ´_ゝ`)//
      /       / 
     / /|    /
  __| | .|    | __
  \   ̄ヽ⌒^⌒\ ̄ ̄\
  ||\   `⌒^⌒"    \
  || \             \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
     .||                ||

244 :小ネタいきます 3/8:04/04/22 17:57 ID:aiElAK1o

                     釆  十  キ ナ,ヽ
                   ̄ 田  q'  ー  の
     ∧_∧
    (´<_`  ) じゃあ      ニ        |
    /   ⌒i     兄者君   / ヨ  ̄  | ̄
    ||   | | 発表してくれ         ニ        |
    ||   | |                   / ヨ  ̄  | ̄
___/ |   .| |____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ̄ ̄(u ⊃教卓   |

245 :小ネタいきます 4/8:04/04/22 17:58 ID:aiElAK1o

        はい
        ∧_∧  
       ( ´_ゝ`)
      /     \
     / /|    |ヽヽ
  __| | .|    | _| |
  \   ̄ヽ⌒^⌒と/ ̄ ̄\
  ||\   `⌒^⌒"    \
  || \             \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
     .||                ||

246 :小ネタいきます 5/8:04/04/22 17:59 ID:aiElAK1o
   筒井康隆「読者罵倒」、

  こら。読みさらせこの能無しm
        ∧_∧  
       ( ´_ゝ`)
      /     \
     / /|    |ヽヽ
  __| | .|    | _| |
  \   ̄ヽ⌒^⌒と/ ̄ ̄\
  ||\   `⌒^⌒"    \
  || \             \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
     .||                ||

247 :小ネタいきます 6/8:04/04/22 17:59 ID:aiElAK1o
                     釆  十  キ ナ,ヽ
                   ̄ 田  q'  ー  の
     ∧_∧
    (´<_`; .) OK        ニ        |
    /   ⌒i  よくわかった  / ヨ  ̄   | ̄
    ||   | |                  ニ        |
    ||   | |  違う作品にしてくれ      / ヨ  ̄  | ̄
___/ |   .| |____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ̄ ̄(u ⊃教卓   |

248 :小ネタいきます 7/8:04/04/22 18:00 ID:aiElAK1o
   青木隆弘「読むな」

  コラ!! ここは読んだらあかんねんz
        ∧_∧  
       ( ´_ゝ`)
      /     \
     / /|    |ヽヽ
  __| | .|    | _| |
  \   ̄ヽ⌒^⌒と/ ̄ ̄\
  ||\   `⌒^⌒"    \
  || \             \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
     .||                ||

249 :小ネタいきます 8/8:04/04/22 18:00 ID:aiElAK1o
                     釆  十  キ ナ,ヽ
                   ̄ 田  q'  ー  の
     ∧_∧
    (´<_`; .) OK        ニ        |
    /   ⌒i  よくわかった  / ヨ  ̄   | ̄
    ||   | |                  ニ        |
    ||   | |後で職員室に来てくれ     / ヨ  ̄   | ̄
___/ |   .| |____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ̄ ̄(u ⊃教卓   |
                      fin

250 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/22 18:30 ID:EONfeEfE
おつかれい

251 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/22 18:35 ID:0ZfA5Am4
ワラ

252 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/22 22:27 ID:7KyJzyE4
読むな

誰かAA化きぼんぬ
激しく読んでみたい。
そして、乙。ワロタよ

253 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/22 22:44 ID:J/xQh+iO
「鍵」完成シタヨー。

11時前後に貼り始める予定ですので
リアルで見たい方は少々お持ちください。

254 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/22 22:45 ID:N/sNQdvn
初リアルタイムか?
ドキドキ

255 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/22 22:55 ID:bYNGIa3L
連騰規制とかあるとあれなので支援はこちらで
《《《支援専用》》》連続投稿支援スレ六十三《《《支援専用》》》
http://aa3.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1082153128/

256 :0/62:04/04/22 22:58 ID:J/xQh+iO
『妄想銀行』より、




                  「鍵」


                      Presented by  ◆ZqpWFm7w46

原作者:星新一

257 :1/62:04/04/22 22:59 ID:J/xQh+iO
   その男の人生は、特に恵まれたものとは呼べなかった。
     その為、いつもなにかを待ち望み続けていた。

            ハァ・・・

          ∧_∧
         ( ´д`)
         (    )
           人  Y
           (_(_)

258 :2/62:04/04/22 22:59 ID:J/xQh+iO
   男はある夜、道端でひとつの鍵を見つけた。

                      ___
                   `ー´     ||
                 /  |  \  ||
                             ||
              、,           ||
          ∧_∧  ´             ||
         ( ´д`)             ||
         (    )              ||
           人  Y                 ||
           (_(_)       Om   ||

259 :3/62:04/04/22 23:00 ID:J/xQh+iO
   男は手に取り、ただの鍵と知って、ちょっとがっかりした。




      /\       /\
     /   \__/   \ ∩  ∩  ∩
    r               ゝ.| | ,O  / /
    |              |   人  /

   
|              | /ヽ _つ
    |              |   /
                      /

260 :4/62:04/04/22 23:02 ID:J/xQh+iO
   しかし、拾ってしまうと捨てるのもめんどくさく、それをポケットに入れた。

                      ___
                   `ー´     ||
                 /  |  \  ||
                             ||
                             ||
                ∧_∧       ||
               ( ´д`)       ||
               (    )        ||
                 人  Y.        ||
                 (_(_)        ||

261 :5/62:04/04/22 23:02 ID:J/xQh+iO
   ――数日たって、男はポケットに入れた鍵のことを思い出した。
       退屈まぎれに机の上にのせ、あらためて眺めた。


            _____________
           /                  /|
         /      ,O              /  |
        /        人             /    |
      /        /ヽ            /    .|
     /                  /      |
     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     |                    |
     |                    |
     |                    |

   ありふれた鍵とは、形が大いにちがっていた。
    ほどこされている彫刻の模様は、異国的なものを感じさせる。
     その点、神秘的だった。

262 :6/62:04/04/22 23:03 ID:J/xQh+iO
   いくらか重い銀色の材質だったが、なんでできているかわからない。
    硬い物で叩くと、澄んだ美しい音がした。



          カ ー ン ・ ・ ・

                ∧_∧
               (´д` )
            日=と     )
         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
         |            | ,)

263 :7/62:04/04/22 23:03 ID:J/xQh+iO
  どこかの金持ちの邸の鍵かもしれない。こう男は想像した。
   市販している普通の鍵を持ちたがらない人だってあるだろう。
    そんな人が特別に作らせた鍵ではないかと考えたのだ。

                         ( ´ ̄`´ ̄`´ ̄` ̄)
                         (              )
            ∧_∧    ○ (              )
           (´〜` )。 0    `ー´`ー´`ー´ー´
           ( ∽  )
           | | |
             (_(__)

264 :8/62:04/04/22 23:04 ID:J/xQh+iO
  これを使えば留守宅に忍び込んで、金目の物を持ち出せるかもしれない。
   侵入したときに見とがめられたとしても、
     拾った鍵をおとどけに来たのだと言えば、一応の言い訳にはなる。


            ┌────┐
            |        |
            |        |
            |◎      |  カチャカチャ
           ∧_∧ 、   |
           (    )l     .|
________,(    /.‐──┘________
          | | |  
          (__)_)

265 :9/62:04/04/22 23:04 ID:J/xQh+iO
                        ,ヘ/l/\l\/\
            ┌────┐   <  ○×◆∞√!<
            |        |   > ♯∪∠∞★!  >
            |        |   \/\l\ /l\/
            |◎      |         lノ
           ∧_∧ 、   |    ∧,,∧
        Σ (  ´д)l    |   ミ゚Д゚#彡
________,(    /.‐──┘___とミ   ミ____
          | | |         ミ   ミ〜
          (__)_)         し` J 


  時には家の持ち主に見つけられ、怒られることもあった。
   しかし、鍵が合うかどうかを調べようとしただけでは犯罪とはいえず、
    怒られる以上の事にはならなかった。

266 :10/62:04/04/22 23:05 ID:J/xQh+iO
 ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄| ̄
  |       .|=「 l   /   ./ .|        |
  | ロ ロ ロ |...l 」 l゚゚゚   ./   .|        | ガタンゴトン・・・
  |       .|  /   / . / ̄ ̄ ̄ ̄\|
  | ロ ロ ロ |  .∧_∧  .| 田 日 |  | |  ガタンゴトン・・・
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'( ´д`) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______,(    )_______
_______┐ ┐ ┐_______
          (__)_)


  男は歩き回る範囲を、次第に広げた。
   しかし、その鍵で開くドアには、依然としてめぐりあわなかった。

267 :11/62:04/04/22 23:05 ID:J/xQh+iO
              |\            ┌─────┐
              | |\               |          |
              | | |\            |[ 事務所 ]|
              | | | |\__     |          |
              | | | |  __\,.   |◎  ∧_∧,.|
              | | | . /| | | ̄|.    |  「l(    )
                  /| | | |  |.    |  ヽ    つ
               /| | | | |  |.    └─‐ | | |
            /| | | | | |  |\       .(_(__)
                         \


  用事でどこかのビルに訪れることがあると、
   そのついでに、いろいろな部屋のドアの鍵穴にも差し込んでみる。

268 :12/62:04/04/22 23:06 ID:J/xQh+iO
              |\            ┌─────┐
              | |\               |          |
              | | |\            |[ 事務所 ]| ガッガッ
              | | | |\__     |          |
              | | | |  __\,.   |◎  ∧_∧,.|
              | | | . /| | | ̄|.    |  「l(ω・` ) ショボーン
                  /| | | |  |.    |  ヽ    つ
               /| | | | |  |.    └─‐ | | |
            /| | | | | |  |\       .(_(__)
                         \


  だが、ほとんどの場合、鍵は鍵穴に入らなかった。

269 :13/62:04/04/22 23:06 ID:J/xQh+iO
              ____
_________|__。_。__|_________
______
         |三‐               ‐三| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         |三‐               ‐三|
         |三‐ カチャ           ‐三|
     自動|ニ‐             ‐ニ|自動
         |ニ‐  !         ‐ニ|
          ∧_∧.           ‐=|
____。(д`  .).           ‐=|。______
       と_ノ   )
       (_(_)

270 :14/62:04/04/22 23:07 ID:J/xQh+iO
              ____      
_________|__。_。__|_________
______
         |                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         |                    |
         |                    |
     自動|                    |自動
         |                    |
          ∧_∧.            |
____。(д`  .).            |。______
       と_ノ   )
       (_(_)

271 :15/62:04/04/22 23:08 ID:J/xQh+iO
              ____      
_________|__。_。__|_________
______
         |                    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         |                    |
         |                    |
     自動|                    |自動
         |                    |
          ∧_∧ ::              |
____。(д´ # ) ::             |。______
      :: と_ノ   ) ::
      :: (_(_) ::


  入ったとしても、回らなかった。
   ごくたまに回ることがあったが、手ごたえのないからまわりだった。

272 :15/62:04/04/22 23:08 ID:J/xQh+iO
                    ( ´ ̄`´ ̄`´ ̄` ̄´ ̄`´ ̄`´ ̄` ̄´ ̄`´ ̄`´ ̄` ̄´ ̄`´ ̄)
                    ( そう簡単にめぐりあえるものではないことは覚悟している . )
       ∧_∧    ○ ( しかし、この鍵が自分に何か素晴らしい幸運を       )
      ( ´д`)。 0    .( もたらしてくれるように思えてならないのだ。         )
      ∪   .)     .(                                        )
      l´`l  Y       `ー´`ー´`ー´ー´`ー´`ー´`ー´ー´`ー´`ー´`ー´ー´`ー´`´
       ( ̄_)_)
       . ̄

273 :17/62:04/04/22 23:09 ID:J/xQh+iO
     ( ´ ̄`´ ̄`´ ̄` ̄´ ̄`´ ̄`´ ̄`´')
     ( 幸運の扉を開く鍵なんだろうな )
     (                     )
      `ー´`ー´`ー´ー´`ー´`ー´`ー´ー´
               ○
             O
           。
      /\       /\         。0 ( そうよ )
     /   \__/   \ ∩  ∩ ._∧_
    r               ゝ.| | ,O   ∨  キラリ
    |              |   人  /

   
|              | /ヽ _つ
    |              |   /   
                      /

  と確答するかのように、鍵はきらりと光るのだった。
   それは、鍵を試みることに熱中している男の、気のせいかもしれなかった。

      しかし、男はその答えを本気で信じる。

274 :18/62:04/04/22 23:09 ID:J/xQh+iO
     ( ´ ̄`´ ̄`´ ̄` ̄´ ̄`´ ̄`´ ̄`´ ̄)
     ( どこの、何を開ければいいのだ。 .)
     (                         )
      `ー´`ー´`ー´ー´`ー´`ー´`ー´ー´ー´
               ○
             O
           。
      /\       /\         。0 ( ・ ・ ・ ・ 。 )
     /   \__/   \ ∩  ∩ ._∧_
    r               ゝ.| | ,O   ∨  キラリ
    |              |   人  /

   
|              | /ヽ _つ
    |              |   /   
                      /

  と、つぎの質問をすると、鍵はわけのわからない光り方をする。
   なにかを告げているようなのだが、あいまいで複雑で、
    それを読み取ることは男にも不可能だった。
     つまり、なんの答えも得られなかったのだ。

275 :19/62:04/04/22 23:11 ID:J/xQh+iO
              開く


              ∧_∧
             ( ´д`)
  希望        (     )         絶望
             | | |
             (__)_)


             開かない

  この希望と絶望との間に挟まれながら、
   男は鍵に合う存在を求めて、例の行為を繰り返し続けた。

276 :20/62:04/04/22 23:12 ID:J/xQh+iO
                _____
             |┌───┐|
             ||      │| カチャカチャ
             ||◎    ||
          ∧_∧∩     ||
          (    ) |..──┘|
          (     / ̄ ̄ ̄ ̄
          l l l l'
         とノ とノ


  数え切れない程の鍵穴に、男はその鍵を押し付けてみた。

277 :21/62:04/04/22 23:12 ID:J/xQh+iO
                _____
             |┌───┐|
             ||      │|
             ||◎    ||
          ∧_∧  ハァ・・ ||
          (l|li -д)、‐──┘|
          (    つOm ̄ ̄
          l l l l'
         とノ とノ


   だが、どれも受け付けない。むなしい拒絶だけがもたらされる。

278 :22/62:04/04/22 23:13 ID:J/xQh+iO
         ( ´ ̄`´ ̄`´ ̄` ̄´ ̄`´`)
         ( もう諦めようかな・・・。 .)
         (               )
          `ー´`ー´`ー´ー´`ー´`ー´
                   ○
                O
             。
          __∧_∧__
         |  ( ´д`)  |
         |_(つOm )_|
         |___┐ ┐ ┐_,|
         ||  (__)_)|

279 :23/62:04/04/22 23:13 ID:J/xQh+iO
         ( ´ ̄`´ ̄`´ ̄` ̄´ ̄`´ ̄`´ ̄`´ ̄` ̄´ ̄`´ ̄`´ ̄`´ ̄`)
         ( だめだだめだ。この次にはぴたりと合うのに巡り合える。.)
         (                                     )
          `ー´`ー´`ー´ー´`ー´`ー´`ー´`ー´ー´`ー´`ー´`ー´`ー´
                   ○
                O
             。
          _ ∧__∧__∧__
         | (д‐≡‐д)..|
         |_(つOm )_|
         |___┐ ┐ ┐_,|
         ||  (__)_)|

280 :24/62:04/04/22 23:14 ID:J/xQh+iO
         ( ´ ̄`´ ̄`´ ̄` ̄´ ̄`´ ̄`´ ̄`´ ̄` ̄´ ̄`´´ ̄`´ ̄`´ ̄)
         ( がむしゃらに手当たり次第に走り回ってもだめだ。     . )
         ( もっと系統的な、無駄の少ない方法を考えるべきだな。 .)
         (                                     )
          `ー´`ー´`ー´ー´`ー´`ー´`ー´`ー´ー´`ー´`ー´`ー´`ー´
                   ○
                O
             。
          __∧_∧__
         |  ( ´〜`)  |
         |_(つOm )_|
         |___┐ ┐ ┐_,|
         ||  (__)_)|


  男はいくらか反省し、錠前店に出かけ、何気ない口調でこう聞いた。

281 :25/62:04/04/22 23:14 ID:J/xQh+iO
. 丁                丁
 O               △
 E       .∧_∧     ||  .| ̄ ̄| | ̄ ̄|
       ( ・∀・ )       |◎  | |@  |
       (     )       ̄ ̄    ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   ∧_∧                   |
  (    )
  (    つOm
  | | |
  (__)_)

 ( ´д`)<知り合いに忘れっぽくなった老人がいてね、
        この鍵が何の鍵か思い出せず、困っているのです。
        どんなものに使う鍵だか、教えてもらえないだろうか。

282 :26/62:04/04/22 23:15 ID:J/xQh+iO
. 丁                丁
 O               △
 E       .∧_∧     ||  .| ̄ ̄| | ̄ ̄|
       ( 。 。 )        |◎  | |@  |
       ( Omと.)       ̄ ̄    ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   ∧_∧                   |
  (    )
  (    )
  | | |
  (__)_)

 ( ・∀・)<うちでは大抵の鍵を扱っていますが、こんなのは見たこともありません。
       個人的に、趣味か道楽で作ったものではないでしょうか。

283 :27/62:04/04/22 23:15 ID:J/xQh+iO
. 丁                丁
 O               △
 E       .∧_∧     ||  .| ̄ ̄| | ̄ ̄|
       ( ・∀・)        |◎  | |@  |
       (つOm )       ̄ ̄    ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   ∧_∧                   |
  (   ´д)              ∩_∩
  (    )              (ー` )
  | | |                  (   )
  (__)_)              Y 人
                     (___)__)

 (´ー`)<何かあったのかい?
 ( ・∀・)<店長、この鍵がなんの鍵だかわかります?

284 :28/62:04/04/22 23:16 ID:J/xQh+iO
. 丁                丁
 O               △
 E       .∧_∧     ||  .| ̄ ̄| | ̄ ̄|
       ( ・∀・)        |◎  | |@  |
       (    )       ̄ ̄    ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   ∧_∧                   |
  (l|i´д`)       ∩_∩
  (     )       (ー` )
  | | |         Omと )
  (__)_)       |||
               (__(___)

 (´ー`)<わしもこんな鍵は見たことが無いねぇ。
 ( ´д`)<はぁ・・・そうですか。

285 :29/62:04/04/22 23:16 ID:J/xQh+iO
――男は博物館にも出かけた。
    とくに頼んで、陳列してある古代の箱などの鍵穴に入れさせてもらった。
     しかし、どれにも合わない。
________________



      ____
      |   Ω   |  ___
      |_____| /謎の箱/\
________________
   ∧_∧         _,
  (,;´д`)      ∧iii■
  (    つOm    (゚Д゚,,)
  | | |      (|  |)
  (__)_)       .|  |〜
                し`J

 (,,゚Д゚)< その鍵をどこで手に入れ、
       なぜそう熱心にお調べになるのかは存じませんが、
       それに合うようなものは、ここにはありませんよ。
       とりあえず、鍵の資料でも見てみてはいかがでしょうか?

286 :30/62:04/04/22 23:17 ID:J/xQh+iO
           ウーム…
(三三__________
三三)     ∧_∧        |
(三三    (´〜` )     .|
(三三____,|⌒l⌒|と)_______|
(三三__┌┌┌____/|
        (__(_)      |


  と資料室に案内し、古今東西の鍵の写真を見せてくれた。
   大きな鍵、小さな鍵、歴史的な意味を持つ鍵、美しい鍵、最新の鍵。
    たくさんの種類がそれにのっていた。しかし、男が拾った鍵と似たようなのは
     その中から発見できなかった。男はお礼を言い、博物館を出た。

287 :31/62:04/04/22 23:17 ID:J/xQh+iO
                        |
立  博  物  館          |
                        |
_______________|
_____              |
.        |               ( ´ ̄`´ ̄`´ ̄` ̄´ ̄`´ ̄`´ ̄` ̄´ ̄`´ ̄`´ ̄` ̄´ ̄`´ ̄)
.        |               ( この鍵に合う相手を求める努力はやめないぞ。       )
.        |  ∧_∧    ○ ( ここに鍵が存在するからには、これで開く物もあるはずだ .)
[ニ]      | ( ´〜`)。 0    .( あるのなればそれを探し出さなければ。           )
.        | (  ∽ )     .(                                        )
.        | | | |      `ー´`ー´`ー´ー´`ー´`ー´`ー´ー´`ー´`ー´`ー´ー´`ー´`´
______| (__)_)       |

288 :32/62:04/04/22 23:19 ID:J/xQh+iO
     |     |     |     |  |
     |     |     |     |  |
     |     |     |     |  |
 ===. | ===. | ===. | ===. |/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            ∧_∧          ∩_∩ zZ乙…
           ( ,  、 )_       ( ,  、 )_
        φ     ) l._       (    )l
      ./ ̄/三/  ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
    /‐∧ ∧ ───‐   .∧_∧ 。0 (鍵・・・鍵・・・。)
 ./.  (   )7     /   (    )φ /    |
 l二二l ̄ ̄ ̄l 二二 !!. 二.l ̄ ̄ ̄l ノl . |   .| ./
 ||.  [________] .|__.||   [______._] .|__|.  /
 ||/  _l_l_  |__.||/  ._l_l_  .|__|/


  ―男は鍵にとりつかれたように、鍵に魅入られたように、ひたすらそれを求め続けた。
    それに辿り着けた時の興奮、満足、幸福感を空想すると、疲れなど気にならなかった。

289 :33/62:04/04/22 23:20 ID:J/xQh+iO
     |     |     |     |  |
     |     |     |     |  |
     |     |     |     |  |
 ===. | ===. | ===. | ===. |/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            ∧_∧          ∩_∩ ナニヤッテルンダ
           (  ゚д゚)_       ( ゚д゚;)_
        φ     ) l._       (    )l
      ./ ̄/三/  ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
    /‐∧ ∧ ───‐   .∧_∧ 。0 ( 会社の机の鍵穴で開かないかな… )
 ./.  (  ゚д)7     /   (  ´д)__/     |
 l二二l ̄ ̄ ̄l 二二 !!. 二.l ̄ ̄ ̄lつOm|    /   カチャカチャ
 ||.  [________] .|__.||   [______._] .|__|.  /
 ||/  _l_l_  |__.||/  ._l_l_  .|__|/


  鍵についての男の行動の異常さは、周囲の目をひいた。
   もはやひそかな楽しみの段階を過ぎ、なかば公然とした物となっていた。

290 :34/62:04/04/22 23:20 ID:J/xQh+iO
   仕事が終わったあと・・・


       ________________
      ./ / / / / / / / / / / / / /ヽ
     / / / / / / / / / / / / / /`、 ヽ
    ./ ./ ┌──────────── === 、ヽ
    /_/_ /| お前の持っているあの鍵、実は俺のだぞゴルァ!
   |=ら ギ_ └v┬─────────────
   |= ∫  =:| ||. | え、じゃあ あれに合う鍵穴があるのかい?
   |= め コ..:| || \___  _____
   |=ん =:|  || グツグツ.  ∨   ∧∧.  ||
   ~~~~~~~ | ||   ==┻==.    (゚Д゚,,) .||
         |.∧ ∧| ̄ ̄|∧_∧(|ギ∪ ||
       ┌┴(   )――(д`  .) ――┸┐
     ┌┴―/  | ――(     )――――┴┐
     └‐〜(___ノ ――(.__○,,)―――┬―┘
        | | ̄ ̄|   ( | ̄  ̄|    ....:.::::|
        | |    |  ..:::::::|     | . . : ::.::::.:::|   ( (  ( ・∀・)
"""~""" ""^ """" ^ ~~""""~""" ""^ """" ^ ~ ~ ""^ """""""~""" ""^ """

291 :35/62:04/04/22 23:21 ID:J/xQh+iO
       ________________
      ./ / / / / / / / / / / / / /ヽ
     / / / / / / / / / / / / / /`、 ヽ
    ./ ./ ┌──────────── === 、ヽ
    /_/_ /| じょ、冗談だ。本気にするなよ。
   |=ら ギ_ └v┬─────────────
   |= ∫  =:| ||. | ショボーン・・・
   |= め コ..:| || \___  _____
   |=ん =:|  || グツグツ.  ∨   ∧∧.  ||
   ~~~~~~~ | ||   ==┻==.    (゚Д゚,,) .||
         |.∧ ∧| ̄ ̄|∧_∧(|ギ∪ ||
       ┌┴(;^Д)‐―(・`   ). ――┸┐
     ┌┴―/  | ――(     )――――┴┐
     └‐〜(___ノ ――(.__○,,)―――┬―┘
        | | ̄ ̄|   ( | ̄  ̄|    ....:.::::|
        | |    |  ..:::::::|     | . . : ::.::::.:::|     ( (  ( ・∀・)<サギ、イクナイ!
"""~""" ""^ """" ^ ~~""""~""" ""^ """" ^ ~ ~ ""^ """""""~""" ""^ """

292 :36/62:04/04/22 23:22 ID:J/xQh+iO
 ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄| ̄
  |       .|=「 l   /   ./ .|        |
  | ロ ロ ロ |...l 」 l゚゚゚   ./   .|        | ガタンゴトン・・・
  |       .|  /   / . / ̄ ̄ ̄ ̄\|
  | ロ ロ ロ |  .∧_∧  .| 田 日 |  | |  ガタンゴトン・・・
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'( ´д`) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______,(    )_______
_______┐ ┐ ┐ /""ヽ____
          (__)_)(二二)


  ―暇があると男は旅に出た。
     きりつめた費用での旅だったが、期待を追っての旅であり、
      つらいことは無かった。

293 :37/62:04/04/22 23:23 ID:J/xQh+iO
        ,,  ,,   / ̄ヽ      ,,,
      ,,,  ,   / l^l ヽ  ,,
    ,,,     ,,   ̄ ̄ ̄ ̄   ,,,
  ,,,,   ,,    ,,,       ,,,

    (ニニニ)      ∧_∧
    (‐∀‐∩ミ∩    (д`  .)
    (     ,/  mOと     つ/""ヽ
    | | |      | | |(二二)
    (_(__)      (_(__)


  そして、色々な建物を訪れて鍵を確かめたり、
   鍵が無いため開かないで困っている箱やドアはないかと聞きまわったりした。

294 :38/62:04/04/22 23:23 ID:J/xQh+iO
          _______  ハァ…
         |  (∨ ∨)  |
         |_(つOm )_|
         |___┐ ┐ ┐_,|
         ||  (__)_)|


  しかし、どの国に行っても、どの地方に行っても、
   その努力はむくいられなかった。
    その度に、男は手のひらに鍵を乗せ、ため息をつく。

295 :39/62:04/04/22 23:23 ID:J/xQh+iO
      /\       /\
     /   \__/   \ ∩  ∩ ._∧_
    r               ゝ.| | ,O   ∨  キラリ
    |              |   人  /

   
|              | /ヽ _つ
    |              |   /   
                      /


  吐息を受けて鍵は少し曇るが、すぐに輝きを取り戻し、
   「まだなの」と、うながすように、からかうようにささやくように光るのだった。

296 :40/62:04/04/22 23:25 ID:J/xQh+iO
         ( ´ ̄`´ ̄`´ ̄` ̄´ ̄`´`)
         ( 今度こそ、絶対に・・・ )
         (               )
          `ー´`ー´`ー´ー´`ー´`ー´
                   ○
                O
             。
          __∧_∧__
         |  ( ´〜`)  |
         |_(つOm )_|
         |___┐ ┐ ┐_,|
         ||  (__)_)|



  限りない回数の試みが繰り返され、
   限りない回数の失望を味わった――
    ・・・だが、男の執念は更に高まるのだった。

297 :41/62:04/04/22 23:25 ID:J/xQh+iO
           ( ´ ̄`´ ̄`´ ̄` ̄´ ̄`´ ̄`´ ̄`´ ̄` ̄´ ̄`´´ ̄`´ ̄`´ ̄)
           ( この鍵で開く物を見つけさえすれば、万事が解決する。 .)
           (                                     )
            `ー´`ー´`ー´ー´`ー´`ー´`ー´`ー´ー´`ー´`ー´`ー´`ー´
               。0
          ________
          |   | ∧_∧ |    |
          |   l( ´д` )l    |
          | l ̄ ̄"""" ̄'''"'l |
          | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'| . |
          | l ,,   ,,  , ,  l . |
          | |         l . |
          | l   ,,    ,,,  ,| . |
          | . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   |
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

298 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/22 23:29 ID:qmlVAoSq
余計なお世話の支援

299 :42/62:04/04/22 23:29 ID:J/xQh+iO
           ( ´ ̄`´ ̄`´ ̄` ̄´ ̄`´ ̄`´ ̄`´ ̄` ̄´ ̄`´´ ̄`´ ̄`´ ̄)
           ( 多彩で豊富な、華やかなメロディーが流れる、       .)
           ( 信じられないような別な世界が、そこに展開するはずd….)
           (                                     )
            `ー´`ー´`ー´ー´`ー´`ー´`ー´`ー´ー´`ー´`ー´`ー´`ー´
               。0
          ________
          |   | ∧_∧ |    |  zzZZZ・・・
          |   l( ‐д‐ )l    |
          | l ̄ ̄"""" ̄'''"'l |
          | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'| . |
          | l ,,   ,,  , ,  l . |
          | |         l . |
          | l   ,,    ,,,  ,| . |
          | . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   |
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

300 :43/62:04/04/22 23:30 ID:J/xQh+iO
''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''
"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
                _____
             |┌───┐|
             ||      │| カチャッ
             ||◎    ||
          ∧_∧∩     ||
          (    ) |..──┘|
          (     / ̄ ̄ ̄ ̄
          l l l l'
         とノ とノ

"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''

301 :44/62:04/04/22 23:30 ID:J/xQh+iO
''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''
"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
                _____
             |┌───┐|
             ||      │|
             ||◎    ||
          ∧_∧∩     ||
..キタ━━━━━(  ゚∀゚)━━━━━!!!!!
          (     / ̄ ̄ ̄ ̄
          l l l l'
         とノ とノ

"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''

302 :45/62:04/04/22 23:31 ID:J/xQh+iO
             ( ´ ̄`´ ̄`´ ̄` ̄)
             ( 夢オチかよ… .)
             (           .)
              `ー´`ー´`ー´ー´
                 。0
          ________
          |   | ∧_∧ |    |   ハッ
          |   l( ´д` )l    |
          | l ̄ ̄"""" ̄'''"'l |
          | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'| . |
          | l ,,   ,,  , ,  l . |
          | |         l . |
          | l   ,,    ,,,  ,| . |
          | . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   |
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  ―男はひたすら、それだけの為に生きた。
    それが生きがいだった。

303 :46/62:04/04/22 23:31 ID:J/xQh+iO
""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
         年月は流れ・・・

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""





           ∧_∧
          (ヽ´m`)
         (    つll
         | | | |
         (__)_) .|

  男はとしをとった。としをとるにつれ
   新たな感情がそこに加わった。

    ―それは疲れだった。

304 :47/62:04/04/22 23:32 ID:J/xQh+iO
          __∧_∧__
         |  (ヽ´m`)  |
         |_(    )_|
         |___┐ ┐ ┐_,|
         ||  (__)_)|


   外出する度に、やはり鍵の試みは繰り返すのだが、
    その外出の数も減ったし、足の歩みものろくなった。

     ―そして、ついにほとんど外出しなくなってしまった。

305 :48/62:04/04/22 23:32 ID:J/xQh+iO
                      T_T          ・───── ・
                   ./,._.,\           │ .モナービール...|
                      ̄ ∪  ̄          │ ∧_∧   │
                                 |(´∀` )   │
                                 |          |
      _∧_∧__                        ・───── ・
     | ( ´m`) |
     | (   ,..、)、|           _________
      l\  `/\\ \        /            /i|
     \| ̄(__)_) |        /            / :; i|
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         |l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i|:::;;;;;
                    |l              .i|::::;;;;;;

  それと共に、男の心も少しずつ変化してきた。
   かつては考えもしなかった、諦めの感情が芽生え、大きくなってきた。

306 :49/62:04/04/22 23:33 ID:J/xQh+iO
           ( ´ ̄`´ ̄`´ ̄` ̄´ ̄`´ ̄`´ ̄`´ ̄` ̄´ ̄`´´ ̄`´ ̄`´ ̄)
           ( これだけ努力したのに、どこにも発見できなかった。   )
           ( やはり、運がなかったのだと言うべきなのだろう。     .)
           ( そろそろ、本当に諦めるべき時なのかもしれない。    )
           (                                     )
            `ー´`ー´`ー´ー´`ー´`ー´`ー´`ー´ー´`ー´`ー´`ー´`ー´
               。0


                      T_T          ・───── ・
                   ./,._.,\           │ .モナービール...|
                      ̄ ∪  ̄          │ ∧_∧   │
                                 |(´∀` )   │
                                 |          |
      _∧_∧__                        ・───── ・
     | ( ´m`) |
     | (   ,..、)、|           _________
      l\  `/\\ \        /            /i|
     \| ̄(__)_) |        /            / :; i|
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         |l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i|:::;;;;;
                    |l              .i|::::;;;;;;


  ―男はひとつの案を思いつき、錠前店を訪れた。

307 :50/62:04/04/22 23:33 ID:J/xQh+iO
. 丁                丁
 O               △
 E       .∧_∧     ||  .| ̄ ̄| | ̄ ̄|
       (´∀` )        |◎  | |@  |
       (     )       ̄ ̄    ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    ∧_∧                  |
   (    )
  (    つOm
  | | |
  (__)_)

( ´m`)<この鍵に合う錠を作ってもらえないだろうか。
       自分の部屋のドアにとりつけたいのだ。

308 :51/62:04/04/22 23:34 ID:J/xQh+iO
. 丁                丁
 O               △
 E       .∧_∧     ||  .| ̄ ̄| | ̄ ̄|
       (´∀`.;)        |◎  | |@  |
       (     )       ̄ ̄    ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
    ∧_∧                  |
   (    )
  (    つOm
  | | |
  (__)_)

( ;´∀`)<妙なご注文ですね。鍵を無くしたから、
       錠に合う鍵を作って欲しいとのお頼みはよくあり、
       その仕事なら何度もいたしました。
       もちろん、ご希望の鍵をお作りして差し上げることも出来ます。
       しかし、お高いものにつきますよ。

( ´m`)<かまわない。高くても良い。

309 :52/62:04/04/22 23:35 ID:J/xQh+iO
  ―やがて錠ができ、男の部屋のドアに取り付けられた。
    

         ____                       ___
         | 102 |                       | 103 |
           ̄ ̄                         ̄ ̄
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|                 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|
       |         |                 |         |
       |    。    |                 |    。    |
       |         |                 |         |
       |         |                 |         |
       |         |                 |         |
       |         :::;;;|                 |         :::;;;|
       |         :::;;;;;|                 |         :::;;;;;|
       |      ::::;;;;;;;|                 |      ::::;;;;;;;|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

310 :53/62:04/04/22 23:35 ID:J/xQh+iO
            ┌────┐
            |        |   カ チ ャ ッ ・ ・ ・
            |        |
            |◎      |
           ∧_∧ 、   |
           ( *    )l   ..|
    ______,(    /.‐──┘______
          | | |  
          (__)_)

  男はひとり部屋にこもり、ドアを閉め、鍵を差し込んで回した。
   手ごたえは体の神経を微妙にくすぐるようだった。
    かすかな響きは、心地よい音楽となって耳の奥をふるわせた。

311 :54/62:04/04/22 23:35 ID:J/xQh+iO
                 |
                 |
                 |
                 |
                 |
                 |
              _∧lニ|
             (m`*,)|
               .(   )|
            ,ヘ´   )|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  長い間、憧れ続けていた感触だった。
   もちろん、望んだ形での実現ではなかったが、
    今、ここに鍵に合うドアがあるのだ。幻ではなく現実のドアとして。

312 :55/62:04/04/22 23:36 ID:J/xQh+iO
          ________
          |   | ∧_∧ |    |   zzzzz…
          |   l( -m- )l    |
          | l ̄ ̄"""" ̄'''"'l |
          | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'| . |
          | l ,,   ,,  , ,  l . |
          | |         l . |
          | l   ,,    ,,,  ,| . |
          | . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   |
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  安心感と言うか、期待していた以上の、
   やすらぎの気持ちが心に溢れて来た。

     夜になり、男は久しぶりに、実に久しぶりに、静かな眠りについた。
      長い過去の疲れがいっぺんに出たのかもしれなかった。

313 :56/62:04/04/22 23:36 ID:J/xQh+iO
          ________
          |   | ∧_∧ |    |           ガチャッ  >
          |  Σ( ゚д゚ )l    |
          | l ̄ ̄"""" ̄'''"'l |
          | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'| . |
          | l ,,   ,,  , ,  l . |
          | |         l . |
          | l   ,,    ,,,  ,| . |
          | . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   |
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

314 :57/62:04/04/22 23:37 ID:J/xQh+iO
            ( ´ ̄`´ ̄`´ ̄` ̄´ ̄`´ ̄`´ ̄`´ ̄` ̄´ ̄`´´ ̄`´ ̄`´ ̄)
            ( とても信じられない現象だ。                      )
            ( 一生を棒に振ってまで、あれだけ探し続けてきたのに  )
            ( ついにあの鍵に合う錠を見つけ出せなかった。      )
            ( あの鍵に合うものは存在しないのだ。このドア以外に(略.)
            (                                     )
             `ー´`ー´`ー´ー´`ー´`ー´`ー´`ー´ー´`ー´`ー´`ー´`ー´
                。0
          ________
          |   | ∧_∧ |    |               スタスタスタ…
          |   |(д゚ l|i)l    |  ガクガクブルブル
          | l ̄ ̄"""" ̄'''"'l |
          | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'| . |
          | l ,,   ,,  , ,  l . |
          | |         l . |
          | l   ,,    ,,,  ,| . |
          | . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   |
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

315 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/22 23:40 ID:vtCS5iFY
余計な支援

316 :58/62:04/04/22 23:40 ID:J/xQh+iO
              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              | ああ、この世の物とは考えられない・・・
              \
               ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ________
          |   |_       |    |
          |   | ∧_∧ l    |
          | l ̄ ̄"""" ̄'''"'l |
          | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'| . |
          | l ,,   ,,  , ,  l . |
          | |         l . |
          | l   ,,    ,,,  ,| . |
          | . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   |
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

              """""""""""""""""""""
                  ええ、そうよ。

              """""""""""""""""""""

  ―男は勇気を出して、質問する事にした。
    女の声はやさしい調子をおびている。

317 :59/62:04/04/22 23:40 ID:J/xQh+iO
              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              | あなたは誰で、何の為にやってきたのですか・・
              \
               ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ________
          |   |_       |    |
          |   | ∧_∧ l    |
          | l ̄ ̄"""" ̄'''"'l |
          | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'| . |
          | l ,,   ,,  , ,  l . |
          | |         l . |
          | l   ,,    ,,,  ,| . |
          | . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   |
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
  あたしは幸運の女神。あの鍵はあたしがわざと落としておいたの。
        力を貸してあげる人を作ろうと思ってね。
   鍵を拾ったあなたが、その資格をお持ちになったわけなのよ。
   やっとドアを作って頂けたのね。だから、すぐにお尋ねしたのよ。

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

318 :60/62:04/04/22 23:41 ID:J/xQh+iO
              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              | それなら、なぜもっと早く来て頂けなかったのですか。
              | なぜ、ドアが無ければならないのでしょうか。
              \
               ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ________
          |   |_       |    |
          |   | ∧_∧ l    |
          | l ̄ ̄"""" ̄'''"'l |
          | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'| . |
          | l ,,   ,,  , ,  l . |
          | |         l . |
          | l   ,,    ,,,  ,| . |
          | . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   |
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
 だって、幸運を与える儀式は、秘密に行わなければならないものなの。
    他人の入ってくる可能性のある場所ではだめなのよ。
  本人とあたしだけが入れ、ほかの人の入れない場所が必要なの。

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

319 :61/62:04/04/22 23:41 ID:J/xQh+iO
              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              | そうだったのか……
              \
               ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ________
          |   |_       |    |
          |   | ∧_∧ l    |
          | l ̄ ̄"""" ̄'''"'l |
          | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'| . |
          | l ,,   ,,  , ,  l . |
          | |         l . |
          | l   ,,    ,,,  ,| . |
          | . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   |
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
          さあ、どんな幸運をお望みになる。
   お金でも地位でも、素晴らしい恋でも輝かしい栄光でも
 好きなものをおっしゃってちょうだい。不老長寿や若返り以外なら、
           なんでもかなえてさしあげるわ。

""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

320 :62/62 糸冬 ◆ZqpWFm7w46 :04/04/22 23:42 ID:J/xQh+iO
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 しばらくの沈黙のうち、暗い中で、男の低いしがわれた声が答えた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




                 ∧_∧
                (ヽ´m`)


    「なにもいらない。今の私に必要なのは思い出だけだ。」


             ―「それは持っている。」

                                       END

321 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/22 23:43 ID:0ZfA5Am4
ヴぉーーーー!!
最高でした!!

322 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/22 23:43 ID:N/sNQdvn
初リアルタイムキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!
JG!!!!乙。

323 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/22 23:43 ID:jtJQ4wT7
GJ!

知ってる話だったけど、楽しく読ませていただきました〜

324 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/22 23:43 ID:ENrr2k/r
長編乙!!

325 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/22 23:44 ID:uKQuv3UY
初リアルタイムキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
長編お疲れ様です、GJでした!


326 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/22 23:44 ID:vtCS5iFY
乙!おもろかったよ

327 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/22 23:45 ID:QZdVGWsf
直前に支援スレへのリンクがあったのになぁ・・・

328 :242:04/04/22 23:46 ID:aiElAK1o
goodjob!!
「鍵」は前々から読みたいと思ってたので喜々としている自分。

>>252
せっかくなので「読むな」いまから作りにかかります。

329 :322:04/04/22 23:46 ID:N/sNQdvn
訂正
JG→GJ
興奮しすぎてミスった…。鬱…。
回線切って(ry

330 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/22 23:47 ID:fhPEg9Sc
知らない話だったので楽しめました。乙です! 

331 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/22 23:47 ID:YQb8NH2b
凄くよかったー!

332 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/22 23:48 ID:da4uf12a
GJ!妄想銀行はまだ読んでないなあ。今度図書館で探して読もう

333 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/22 23:49 ID:N/sNQdvn
>>219から議論の雰囲気が一変したな。
やっぱ職人さんはスゲーよ。

334 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/22 23:49 ID:kbmPiV5K
>>327
まぁ、作者さんは感謝してるようだからいいじゃんか。
・・・本心はどうかわからんが(w

335 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/22 23:55 ID:Unr7tD4a
>>327
なんとなくおもったんだけど、次から1に支援スレへのリンクも
張ってはどうだろう?

>.職人さん
お疲れ様でした。面白く拝見いたしました。

336 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/22 23:58 ID:vtCS5iFY
鍵は妄想銀行だったっけ
鍵は星新一の作品のなかでは好きな作品

337 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/23 00:03 ID:8tZ3n0CG
>>335
いや〜、未だに気づかないほど面の皮が厚い輩もいるから、
>>1にあろうがあるまいが、やるやつはやるね。

338 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/23 00:25 ID:pk3zhEvC
長編おつかれ〜
>>327
スマン、素で気付かなかったわ。
次から注意する。

339 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/23 00:27 ID:+TaFfnMW
意味はわからないけど感動した
こういうのがいちばんいいなあ。いい。

340 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/23 00:46 ID:/Kblby7A
お疲れ様でした。楽しく読ませてもらいました。


支援は支援スレへということはAA長編見に来てる人には押さえていて欲しい点だけどねえ。
まあぶっちゃけ>>1見る人なんてあんまり居ないのが実情。
それでも一応リンクは張った方がいいかと


341 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/04/23 00:57 ID:2FkpalmF
>>320
かっこよすぎ

342 :242 0/13:04/04/23 03:40 ID:LwkXrRxS
うし。
少々遅れましたが「読むな」出来たんで貼ります。

343 :242 1/13:04/04/23 03:40 ID:LwkXrRxS
     カタカタ   ___
   ∧__∧   :||\   \  ̄|  ̄|
   ( ;´∀`)  || | ̄ ̄| | : :|
 ┌(、__,.つ/ ̄||/  ̄ ̄/ . | =|
 | ヽ. l二二二」二二二二二二二二」
   ̄]l,___)_,) | |        | |
  / ̄\  /  |       /  |
  ◎  ◎ [__」      [__」

344 :242 2/13:04/04/23 03:41 ID:LwkXrRxS
┌─────────────────────────────────
│ [e ]  読むな - Monasoft Internet Explorer
├─────────────────────────────────
│ファイル(F) 編集(E) 表示(V) お気に入り(A) ツール(T) ヘルプ(H)
├─────────────────────────────────
│(←) (→) [×] [(',)] [□]|
├─────────────────────────────────
│アドレス(D)[http://aa3.2ch.net/test/read.cgi/mona/***********/l50
├─────────────────────────────────
│■掲示板に戻る■ 関連ページ 全部 1- 最新50

|読むな
|1:名前:  読むな   04/04/24 3:23 ID:YomUNa//
|   コラ!!ここは読んだらあかんねんぞ。お前。お前やちゅうねん。お前やお前。お前ゆうたらお前やっちゅうねん。
|   アホ。 何考えとんねん。お前ゆうたらこの本読んでるお前に決まっとるやんけ。
|   ボケ。ここはしょうもない事しか書いてないんで読んでもしゃあないぞ。やめときて。
|   こんなん読んでるヒマあったら、ビ、なんたらちゅう、ほれ、おったやろう。ビデ、ビデ。えーと、
|   ビデコン、いやちゃう。ビデ、ビデ、そや、ビデオ棚や。それからな。えーと、えーと、
|   ちょっと待てよ、今思い出すさかいに。えーと、えーと、誰やったかなあ。えーと。トンボ、いやちがう。
|   バッタ、いやちがうなあ。えーと、えーと、そや、チョウや、チョウや、長編板たらいうやつや。
|   ああ。やっと思い出した。しかし、わしがなんでこないに一所懸命思い出さんとあかんのや、ホンマに。
|   お前が読むからやぞ。最初にちゃんと「読むな」と書いてあるやろ。あれが見えんのか。

345 :242 3/13:04/04/23 03:42 ID:LwkXrRxS
             /ヽ       /ヽ
            / ヽ      / ヽ
  ______ /   ヽ___/  ヽ
  | ____ /        :::::::::::::::\
  | |       // ___   \  ::::::::::::::|
  | |       |  |   |     U :::::::::::::|
  | |      .|  |   |      ::::::U::::|
  | |       | ├―-┤ U.....:::::::::::::::::::/
  | |____ ヽ     .....:::::::::::::::::::::::<
  └___/ ̄ ̄      :::::::::::::::::::::::::|
  |\    |           :::::::::::::::::::::::|
  \ \  \___      ::::::

346 :242 4/13:04/04/23 03:43 ID:LwkXrRxS
     カタカタ   ___
   ∧__∧   :||\   \  ̄|  ̄|
   ( ;´∀`)  || | ̄ ̄| | : :|
 ┌(、__,.つ/ ̄||/  ̄ ̄/ . | =|
 | ヽ. l二二二」二二二二二二二二」
   ̄]l,___)_,) | |        | |
  / ̄\  /  |       /  |
  ◎  ◎ [__」      [__」

347 :242 4/13:04/04/23 03:43 ID:LwkXrRxS
┌─────────────────────────────────
│ [e ]  読むな - Monasoft Internet Explorer
├─────────────────────────────────
│ファイル(F) 編集(E) 表示(V) お気に入り(A) ツール(T) ヘルプ(H)
├─────────────────────────────────
│(←) (→) [×] [(',)] [□]|
├─────────────────────────────────
│アドレス(D)[http://aa3.2ch.net/test/read.cgi/mona/***********/l50
├─────────────────────────────────
|   お前が読むからやぞ。最初にちゃんと「読むな」と書いてあるやろ。あれが見えんのか。
|   お前が読むから書くつもりのない事書いてしもたやんけ。わしのスレなんやぞ。
|   容量限られてんねんぞ。>1000までなんやぞ。わかってんのか。わし何の話してたんやろ。
|   そやそや、こんなん読んでる暇あったら、
|   ビデオ棚やら長編板たらいうとこのん読んでた方がもっとタメになるっちゅう事いうてんねん
|   ここは読まんほうがええ。こんなん読んでもアホになるだけや。
|   ここは読まんでもなんの損にもなれへんのや。
|   2ちゃんしか読むとこないっちゅうならここ飛ばして次のスレ読み。な。な。そうしょう、そうしょう。
|   頼むわ。な。な。な。な。な。な。な。

348 :242 6/13:04/04/23 03:44 ID:LwkXrRxS
             /ヽ       /ヽ
            / ヽ      / ヽ
  ______ /   ヽ___/  ヽ
  | ____ /        :::::::::::U:\
  | |       // ___   \  ::::::::::::::|
  | |       |  |   |     U :::::::::::::|
  | |      .|U |   |      ::::::U::::|
  | |       | ├―-┤ U.....:::::::::::::::::::/
  | |____ ヽ     .....:::::::::::::::::::::::<
  └___/ ̄ ̄      :::::::::::::::::::::::::|
  |\    |           :::::::::::::::::::::::|
  \ \  \___      ::::::

349 :242 7/13:04/04/23 03:44 ID:LwkXrRxS
┌─────────────────────────────────
│ [e ]  読むな - Monasoft Internet Explorer
├─────────────────────────────────
│ファイル(F) 編集(E) 表示(V) お気に入り(A) ツール(T) ヘルプ(H)
├─────────────────────────────────
│(←) (→) [×] [(',)] [□]|
├─────────────────────────────────
│アドレス(D)[http://aa3.2ch.net/test/read.cgi/mona/***********/l50
├─────────────────────────────────
|   頼むわ。な。な。な。な。な。な。な。
|   そーか。こんだけいうてもいう事聞いてくれへんのか。けったいなやっちゃのうお前も。
|   まあ、わしは