5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

AAドラマ「BRLTUKU」

1 :名無しさん@お腹いっぱい:04/02/16 21:22 ID:9rKR6/mR
深夜の電車の中二人の少年少女が話し合っていた周りから見るとカップルだ
ギコ「もうすぐ次の町につくぞ」しぃ「アノ、ギコクン私達モウヤメヨウカケオチナンテ」
どうやら二人は駆け落ちをしていたらしく、熱心に語り合っていた
ギコ「やめるって…お前から言い出したんだろ!駆け落ちしようなんて」
(次は2ちゃんねるー2ちゃんねるー)
ギコ「ほら!降りるぞゴラァ」しぃ「ア、ウン…」
そこからこの単純な事件が始まった
プロローグ完

2 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/02/16 21:27 ID:5A8+fzjO
初2ゲット

3 :名無しさん@お腹いっぱい:04/02/16 21:40 ID:9rKR6/mR
第1話

モナー「なんで先輩だけ帰るモナ!ずるいよ」
この青年の名はオマエモナー、年は24歳で職業は探偵いや、見習の探偵である
ジエン「仕方がないですよー先輩には彼女がいるから、二股してやりして…」
彼もモナーと同じ見習探偵である。
モナー「どーよ、一回先輩の二股調べてみる?」ジエン「ハハハ、そんな事して見つかったらやばいじゃないですか!」
二人は探偵になってからの友で、ずいぶんと気が合う
(コンコン)真夜中に探偵事務所をノックする音があった。
モナー「………こんな真夜中に依頼か?見てくるよ」ジエン「ちょちょちょ待ってくださいよ!!真夜中なんだから用心しなきゃ〜」
ジエンは頼りになる。モナーにとって親みたいなものだ。
モナーは近くにあった用心棒を持ってドアにちかずいた。
しぃ「あのっ誰か居ませんか?(いまからしぃは全角で)入りますよ…(ガチャッ)」
モナーは用心棒を構えてドアに狙いを定めた、モナーの目はマジだった…
終わり

4 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/02/16 22:07 ID:nXqmmNpT
4

5 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/02/16 22:56 ID:tGceWDYN


 こ の レ ス を 見 た ら 以 下 を コ ヒ ゚ ヘ ゚ す る 事 。

          

            デューク更家(゚3゚)=3シュッシュッ!





6 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:04/02/17 08:59 ID:PLJEskz0
書き方拙いけど文は一概に下手とも言えない。
けど、板違いだ。それとも今AAつくってるのだろうか。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)